ブログアクセスが100万PVを超えました

「カウンタ見て下さいよ、お父さん。」

「どうしたんだい?、サヨリちゃん。」

「100万PV超えてますけれど喜ばないの?。」

「マジっすか!やっほーい!。」

「まぁ、100万と言っても3年越しですから大した事では無いですけれどね、お父さん。そんな事よりのり弁食べましょうよ、のり弁当。」

「しれっと傷ついたんだけれど、お父さん。結構、傷ついたんですけれど、白菜キムチを食らわせてやろうか?、サヨリちゃん。」

「ボクは白身のフライが食べたいにゃ~。」

「でもさ、単純に100万アクセスをだね、365☓3で割ったらさ、913pv/dayにもなるんだよ。ありがたい話じゃないか。」

「でも、大したことありませんね。全然大したことありませんよ、お父さん。シェフ、白身フライを持てぇ~。」

「誰がシェフやねん。でもね、小さい事の積み重ねが大事なんだよ、サヨリちゃん。千里の道も一歩からというだろ?。」

「それにしても3年はかかり過ぎでしょ?。巷では月間30万PVが普通みたいですよ。4ヶ月で120万PVの勘定になりますね、デヘ。」

「デヘじゃねーわ。いいんだよ、そいういうのは芸能ニュースとかそんなのだから。そもそも、サヨリちゃんと僕なのだから、これでも御の字だと思うぞ。み、みなさん、ありがとうございます。おありがとうございます m(_ _)m」

「そうですね。感謝の気持ちは大切ですね、お父さん。ところで、」

「ところで?。」

「この数ヶ月の間、更新頻度が極めて下がっているようです。もっと記事を書かないとですよ。ガリガリ…。」

「はははははっははははは….。それは、まぁ、キミも調子悪かったし、キジとらの主役はキミだからね。それは、それで、そういう事で。」

「そうですか。でしたらこれからですにゃ。」

「はい。がんばりますデス。」

「じゃぁ~、頑張りたまえ。」

「御意。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク