【アレンジ編み】セリアのペットボトルカバーメーカー【可愛い帽子】

「Naru姐さんがセリアのペットボトルカバーメーカーで編んだ帽子だよ、サヨリちゃん。」

「ボクには小さいので、中サイズの猫以下ですね。ボクには小さいので。そう、ボクには小さいんですよ、この帽子は!。」

「仕方が無いじゃないの、サヨリちゃん。セリアのペットボトルカバーメーカーも悪くないし、頭の大きなサヨリちゃんが惡いわけでもない。ましてや、帽子を編んだNaru姐さんも悪くない。誰も悪くは無いんだよ。」

「お父さんが悪いんやっ!。」

「何でやねん!?。」

スポンサーリンク

お父さんも悪くない!セリアのペットボトルカバーメーカーで編んだ帽子集

「左の帽子はお父さん作ですね。」

「それは違うよ、サヨリちゃん。これもNaru姐さん作です。ちなみに毛糸は、セリアの『ふわふわネックウォーマー』です。右の帽子は太い毛糸で網目が分かるように編んだんだって。そして、どこの毛糸かは知りません。」

「ニャルほどぉ~。」

「さっきの『ふわふわネックウォーマー』の色違いを組み合わせて作ると違う感じの帽子が編めます。編み方は全部同じなんだって。ポンポンはボンボンメーカーというので作るらしいよ。ちなみに、今日ご紹介する帽子は全て25分以内で作れるそうです。」

「これも、セリアの『ふわふわネックウォーマー』で編んだの?。ぜんぜん違うというか、もはや帽子に見えないのですけど。」

「これも『ふわふわネックウォーマー』で編んだそうです。毛糸を変えるだけで印象が大きく変わるよね、サヨリちゃん。でもね、『ふわふわネックウォーマー』に書いてある説明とはNaru姐さんの編み方は全然違うから。」

「ウソ?。」

「お父さんだって、これくらいは編めるよ。説明書きをキチンと読めば問題も無いよ。そんな説明書きを全く無視してNaru姐さん編んじゃった。」

「どんな編み方ですか?。」

セリアの『ふわふわネックウォーマー』アレンジ編み

「言葉で説明するのは難しいのだけれど、正式には毛糸をクルクルと上下に二段最初に巻くのだけれど、Naru姐さんの場合はそれをしません。」

「ワケわかんなけど、続きを聞いてみましょう。」

「一目から上下を編んで隣へ移動する編み方です。勝手気ままなアレンジ編みですが、『どんな編み物でも、全部、一本の糸だから。』という名言を残してお家に帰って行きました。」

「快傑ズバットみたいですね。」

「そだね。ところでサヨリちゃん、キミが寝ている間に帽子をかぶせて写真撮影しておきました、デヘ。」

「デヘじゃねーよ。」

セリアの『ふわふわネックウォーマー』で作った帽子を、寝ている猫にかぶせて見た

「今回の寝相はこんな感じだったので、帽子は全部耳にさしましたさ。ガッハッハぁ~。」

「ガッハッハぁ~じゃねーよ。でも、写真で見るとだいぶん小さいね。このサイズは子猫用ですね。」

「毛糸を変えても小さいです。」

「網目がくっきりしているので、ボクはこっちが好きですよ。」

「これはアレンジ編みタイプの青です。」

「ボクは男の子なので青が良いにゃ。」

「さっきと同じ作り方ですが、赤色バージョンです。」

「キジトラには赤が似合うのは分かっていますが、ボクはやっぱり青が好きです。」

「こ、これは・・・!。」

「こ、これは・・・!!!。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク