100均のボタンは、フェイクフードのお皿に使える

「ボタンが取れたの?、お父さん。」

「そんなんじゃないよ、サヨリちゃん。」

「でも、ボタンが6つもありますよ。」

「これはボタンじゃないよ、お皿だよ。」

「遂にボケましたか?、お父さん。これがお皿に見えるなんて・・・どこのホームに入所しますか?。それとも病院ですか?。」

「そうじゃ無くって、フェイクフードのお皿に使うの。」

「だって、穴が開いてますよ。お皿には使えませんよ。」

「穴があっても良いじゃない?。だって、そこにはパンが乗るんだから。」

「あっ、そっか。」

スポンサーリンク

100均ボタンはパンの皿

「お皿だぁ~。」

「お皿だろぉ~。」

「先程は、失礼な事を言ってごめんなさい。お父さん、冴えてますよ。」

「だろぉ~。」

「ところで、こっちのオシャレなボタンもお皿にするの?。」

「それ・・・ね。」

「にゃ?。」

「木のお皿に使えそうだったから買ったんだよ、ダイソーで。そしたらさ、裏っ側も膨れてやんの。よって使えませんでした。何かの時に使えるかも知れないから取っておきます。」

「お気の毒。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク