ポケモンGOが犬を救う?!米シェルター、犬の貸し出しサービスが凄い

Twitterから流れて来たこのツイート。

この記事は素晴らしいの一言。

ワンダフル過ぎて速攻記事を書き始めました。

ワンダフル、ビューティフル、エクセレント、モア・モア・モア・グッジョブ!!!。

行政の人もシガラミみなんかもあるでしょうけど、こんな事例・成功例は絶対に真似すべきです。

この記事のソースは、米STORM TEAM 4 の「‘Pokemon Go’ Players Walk Shelter Dogs in Indiana」です。英語が読める方は、そちらで記事をご覧ください。

スポンサーリンク

ポケモンGOって何さ?

ポケモンGOは任天堂とNiantic者が開発したスマホゲーム。スマホ画面を見ながらポケモンを探すゲームだと思う(;^_^A。まぁ、ポケモンGOフィーバーのようすは、毎日、テレビのニュースで放送しているので何か凄いのは理解できました。それに加えて任天堂の株価上昇気配もあって、そちら系の方も注目のゲームです。

わたしは、イスラエル大統領のFaceBookのニャースの一件(リンク先はFaceBook)。ニャースだけに記事ネタとして軽く反応していました。いつかは記事に書こうかと思って忘れていた件です(;^_^A。

そんな事を思い出させてくれたツイート。ほんとうにありがとう!。

‘Pokemon Go’ Players Walk Shelter Dogs in Indiana(「ポケモンゴー」プレイヤーは、インディアナ州のシェルター犬を歩きます)

スマホを持って外へ出かけなければゲームにならないアプリは、これまでも幾つか開発されました。しかし、ポケモンGOは桁違いにユーザーが増えそうです。日本でも人気爆発は必至。しかも、ポケモン世代もいわゆる「いい年」になって来ました。

それは、アメリカでも同じ。そして、大の大人がポケモンゲームをやってるのを知られるのが、恥ずかしいと思う気持ちも分かります。話は戻って日本でも同じ事態に陥る事になるでしょう。

アメリカインディアナ州のドックシェルターは、そんなポケモン大好きな大人たちに犬の貸し出しサービスを行いました。気に入れば犬をそのまま飼っても良いという特典も付けて。すると、犬の散歩のふりをしてポケモンGOをやりたい大人たちからの予約が殺到!。さらに、借りた犬をそのまま引き取る人が続出したためにインディアナ州のドックシェルターから犬が消えてしまいました。これって凄いですよね?。

ポケモンGOブームが過ぎ去った後が怖い

「ポケモンGO熱が冷めたら犬はまた捨てられるんじゃないの?」

確かにその可能性はゼロではありません。でも、わずか数日であろうとも、同じ時間を一緒に過ごし一緒に散歩した犬を簡単に捨てる事が出来るのでしょうか?。もう少し、人間の優しさを信じてあげても良いと思います。だって、そのままなら殺処分される運命なら、せめて一度だけでもチャンスを上げてもいいじゃない?。預け先の身分証明書を頂いて、期間限定でGPS付きの首輪をつけるのを義務化すればそれで良いと思います。

という事で日本でもやってみては?

保健所はお役所。だから即決が出来ない組織。それは理解しています。失敗したらキャリアに傷がつくのも重々承知。職員さんに犬の貸し出しサービスをお願いするのは酷というもの。そこで、市会議員さんや県議会議員さんの出番ですよ。

先ほども触れましたが、ポケモンだろうが妖怪ウォッチだろうが流行りものには終わりがあります。実践するなら今しかありません。殺処分ゼロをマニフェストに掲げている議員さん、ポケモンGOと保健所の犬とのマッチングは検討に値するアイディアだと思います。

猫だってお散歩出来るニャン!

心配する猫

動物の散歩に見せかけてポケモンGOを行うのなら、猫だって十分お役に立てます。

慣らしてあげれば猫だって、飼い主と一緒にお散歩出来るのですから。

2016-07-05 ニャンコの散歩

犬に合わせて猫との散歩も楽しいものです。

でも、犬も猫も生き物ですから注意が必要。

夏のアスファルトは地獄の熱さ。人間だって裸足では歩けないくらい地面は熱いものです。

同様に、ワンちゃんもニャンちゃんも過酷な状況下でのお散歩はつらいのです。なので、散歩のふりしてポケモンGOをプレイする場合、一緒に歩いてくれるバディの健康にも気を付けてあげて下さいね(笑)。

スポンサーリンク