マジでぇ?「猫に鰹節」がダメだったワケ、猫用の鰹節も

「猫に鰹節」

昔から言います。そして、猫は確実に鰹節が大好きです。今更ダメって言われても、俄かには信用なりませぬ。本当に猫に鰹節を与えてはイケないのでしょうか?。一度に大量に与えるとダメとかで、少しなら大丈夫なのでしょうか?。その根拠を調べて見ました。だって、わが家の猫様、一時期、鰹節で手懐けていた時期があったので・・・。ちなみに、写真はちゅーる(鰹味)を抱きしめて放さないわが家の猫様です。

スポンサーリンク

鰹節を食べると結石になり易くなる

鰹節の中に含まれるマグネシウムが猫の結石の原因となるそうです。尿道間に結石が出来ると尿結石になります。尿道結石が悪化すると肝不全を起こす事もあるのだそうです。考えてみると怖い話ですね。

ですが、毎日大量にあげるのが良く無いという意味で少量なら問題は無いようです。一回のキャットフードに対して一つまみ程度なら問題は無いでしょう。

そもそも、「猫に鰹節」と言われるようなった昔では、鰹節も高級品だったでしょうから、一度に沢山の鰹節を猫に与える事も無かったでしょう。何でも取り過ぎはよろしく無いという意味合いで猫に鰹節はNGなのです。安心して下さい!。猫用の鰹節がありますよ(笑)。

猫用の鰹節がある

鰹節に人間用や猫用なんて無いと思っていた私。猫友から、

「猫用の鰹節あるやん?」

って。猫用の鰹節なんて知らない。うちの子のカリカリは決まっているから、他の食事を見る必要も無かった。えぇ、猫用の鰹節って何?。Amazonで検索すると、普通にあるんですね。猫用の鰹節って。


ねこちゃんのかつおぶし 65g

人間様用の鰹節よりもお高い気もしないでもありませんが、これからは予備知識として頭の中に入れて置きたいと思います。

なんだか鰹節の一件で、猫って何を食べてもダメみたいな気がしました。ひとつひとつ、思い込みが覆されていく気分ですね(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク