マルちゃん『黒胡椒醤油ラーメン』試食

「カップ麺は体に悪いですよ、お父さん。」

「いやだなぁ~。いつもカップラーメンを食べているような言い方は、誤解をウケると思うのだけれど。お父さん、こんな富山ブラックをイメージさせるパッケージに弱いんだよね。昔、食べた富山ブラックカップ麺も美味しかったし。ダメよダメよと思いながらも、つい買っちゃった。ブラックラーメン。」

スポンサーリンク

マルちゃん『BLACK黒胡椒醤油ラーメン』

「黒いボディーがそそるわけですね。」

「そう、そう。黒いスープに外れ無しです。」

「539キロカロリーとは些かお高めですね、お父さん。間違っても、おにぎりなんて買っていませんよね。おにぎり・・・買ってませんよね。」

「何で2回言う?。おにぎり、2回も言った?。買うわけ無いだろ。ラーメンライスはダイエットの大敵ですよ(遠い目)。」

「最近のカップ麺の具というのは、即席スープみたいになっているんですね。」

「そうだね。昔とは全然違うよね。では、お湯を入れますよ。」

「真っ黒なスープ。こんなの美味しいのですか?。ボクには美味しく見えません。むしろ、マルちゃんの黒胡椒醤油ラーメンが不味そうに見えます。考えて見て下さいよ。黒胡椒に醤油ですよ。刺激物の塊ではありませんか?。血圧が上がって倒れてしまいますよ。」

「そこが魅力なんだよ、サヨリちゃん。黒いスープは辛そうに見えるのだけれど、そんなに辛くも無いんだよ。逆にコクがあって美味しいのです。スープの味を絡められるように、麺は太くしているのかな?。細麺だとスープの味に負けてしまうからね。」

「で、美味しかったですか?。ここは本音でお答え下さい。美味いなら美味い。不味いなら不味いでお願いしますよ、お父さん。」

「うん、美味しいよ。僕の好きな味だよ。スープの味がしっかりしている割に、後でお腹の調子が悪くなることも無かったし。刺激的に見えて、刺激は少ないのかも知れないね。欲を言えば、おにぎりとかライスとかがあれば、もっと美味しかったと思うよ。やっぱり、ラーメンにはライスが必修だわ。」

「いや、いや。お父さん、おにぎりと一緒に食べてたでしょ。ラーメンを食べている姿を見て、美味しいのは分かりましたが、鮭のおにぎりをこっそり食べていたでしょ。たとえ食レポだとしても、嘘はイケないと思いますよ。」

「嫌だなぁ~。そこは大人の事情とかを考慮する場面だと思うのだけれど、サヨリちゃんは猫だから機転は効かないか。」

「当たり前です、ビチクソ丸。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク