宇宙戦艦ヤマトに登場する猫(ミーくん)は、松本零士先生の飼い猫がモデル

「宇宙戦艦ヤマトに茶トラの猫ちゃんが出てきますよね、お父さん。」

「ミーくんの事?。佐渡先生の飼い猫だったかな?。」

「そうそう。あの猫ってキャプテンハーロックとか銀河鉄道999にも出て来ていませんか?。」

「出てるよ。それがどうかしたのかな?、サヨリちゃん。」

「どうして、ミーくんは色んなアニメに出てくるのかな?。って思って。」

「ミーくんは、原作者の松本零士先生の飼い猫がモデルだからだよ。」

「にゃ!。実在したの?。」

スポンサーリンク

松本アニメの猫、ミーくんは実在する猫がモデル

「松本作品にミーくんは沢山出てきているのだけれど、お父さんはヤマトのミーくんが1番印象深いね。」

「どうして?。」

「たぶん、テレビアニメを何度も、何度も、何度も、再放送で見たからだと思うよ。宇宙戦艦ヤマトって、子どもから見ても絶望的な場面からスタートするからね。1年の間にイスカンダルからコスモクリーナーを持って帰らないと人類滅亡という設定だったから、話が結構暗いんだわ。だから戦闘シーンよりも、ご飯を食べたり会話したりしているシーンが妙に重く感じられたんだよね。」

「そこで、ミーくんがいい味出してるって感じですか?。」

「今も昔も猫キャラが出ると場が和むからね。そんな意味からもミーくんも立派なヤマトクルーだったよ。逆にハーロックや999のミーくんは印象が薄いんだ。」

「さっきの話の続きですけれど、ミーくんは実在した猫なの?。」

「今も実在しているはずだよ、サヨリちゃん。」

「冗談を言わないで下さいよ、お父さん。宇宙戦艦ヤマトやキャプテンハーロックや銀河鉄道999がブームだった頃って、今から40年以上も昔のお話でしょ?。猫はそんなに長生きしませんよ。」

「今は3代目だったかな?。ミーくんの名前を受け継いでミーくんは今も生きているんだよ。」

「そうだったんですか。松本零士先生は猫が好きなんですね。」

「初代ミーくんは、14年間ずっと松本先生と共に過ごしたそうだよ。当時の松本先生は若かっただろうから、青春時代は初代ミーくんと過ごしたんだろうね。」

「で、晩年のミーくんはどうなったのでしょう?。」

「最後は大きな病気をしたそうだよ、サヨリちゃん。お医者様も手がつけられなくなって、松本先生はミーくんを抱いて病院から家に帰ったんだって。そして、ミーくんを抱きしめて一晩過ごしたそうだよ。」

「ミーくんはそれから少し生きられたの?。」

「残念だけれど、サヨリちゃん。朝を迎える頃にミーくんは、松本先生の胸の中で息を引き取ったそうだよ。」

「でも、松本先生の作品の中でミーくんは、今もずっと生き続けているんですよね。」

「いつの日か、遠い未来で、もう一度運命の交わることがあったらもう一度逢いたい…。」

「にゃんですか?、急に。」

「松本先生が、こんな事を言ったそうだよ。」

「良い飼い主さんですね…。また、逢えますよ。きっと。」

「そうだね。遠い未来、きっとミーくんと逢えるよね。」

「お父さん、ボクが…。」

「ん?。」

「いや、何でも無いです…。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク