サヨリ姐さんが語る!映画メン・イン・キャット

どうした、猫にされたのかい?、トム・ブランド。

まぁた、可愛い猫ちゃんにされちまったね。

猫の中におっさんイン♪って、ざまぁ〜無いね。

いい男が台無しだよ。

猫になったからって、

ネズミのケツなんて追い回してなんかいないだろうね?。

それはそうと、

アンタ何やらかしたんだい?。

大方の経緯は、

ブロ友のジーナちゃんのブログで読んでアレだけど、

映画予告動画も見たけど、

結構、詳しく、それなりに事情は把握してるけど、トム。

私しゃぁ〜、あんたが心配なんだよ。

えっ?、

ペットショップの帰りに猫と一緒に高層ビルから落ちたって?。

そいつは災難だったね。

それで猫の中に入っちゃったのかい?。

でも、

命が残っただけでも良かったじゃ無いか。

けどね、

あんた、今まで家庭をかえりみず、仕事ばっかやってたから当っちまったんだよ、天誅ってやつがね。大会社の社長だって、いくらお金があったって、猫にされちゃぁ~お終いだよ。どうだい。あんたが忌み嫌ってた猫にされた気分ってやつは?。

ニャーニャー怒り散らしてもどうにかなるもんでも無いよ、トム。でも、映画の話だから大丈夫だと思うよ、たぶん。この映画、コメディなんだろ?。

で、どうすんの?、これから。

金持ちは逆境に弱いって言うからね。

寝るとこあんのかい?。

今夜の塒(ねぐら)とか、ご飯とか、何処かに行く宛はあるのかい?。

えっ?そうかい。

娘のペットになったのかい。だったら一先ず安心だね。

だけどさ、身内のペットってのも良し悪しだよ。

だって、

何もかも知つてをるなり竈猫
(富安風生)

って言うだろ?。

えっ、

こんな俳句も知らないのかい?。

仕方のないジジイだね。

家での出来事、良い事も、悪い事も、嫁の愚痴、姑の愚痴、知りたい事も、知りたく無い事もさ。知らんぷりをして寝ている猫を想った俳句だよ。お前さん、知ってたかい?。外国人のあんたにゃ分からないかもしれないけどさ。

日本の父ちゃんは人間強度が弱いからね、こんな俳句も生まれちゃうんだよ。イカ耳だって塞ぎたくなるってもんさね。

「父ちゃん嫌ーい!。」

とか、

「旦那死ねー。」

とか耳に入ったら病んじゃうだろ?。だからイカ耳になって聞いちゃだめだよ。ホント滅入るから、気が滅入っちゃうから。鬱になっちゃうから。

私の一番の心配はそこなんだよ、トム。

そっか、あっちじゃA cat has nine lives.(猫には9つの命がある)って言うからね。映画でもしぶとく頑張るんだろうね。コメディ映画って話だし、ハッピーエンドに期待するよ。

それとあんたの会社、

乗っ取り計画が進行してるから気をつけるんだよ。なんならそいつを猫イン♪させちゃいなよ。悟空さだってギニュー隊長にチェンジ!!されてたけど、上手いこと元に戻れただろ?。コメディ映画なんだから、成り行き次第でチャンスがあるかも知れないよ。

ところでトム。

相棒のジェリーは映画に出ないのかい?。

スポンサーリンク

映画情報

ジャンル:コメディ

主演:ケヴィン・スペイシー(吹替:仲野裕)

監督:バリー・ソネンフェルド

日本公開日:2016年11月21日

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク