佐藤健とキジトラ猫とキャベツ巻き

キジトラの時代!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

映画「世界から猫が消えたなら」に登場するキジトラ猫、キャベツ君。劇中、雨に濡れたキャベツ君をタオルに包まれている姿が「可愛い」と話題に。このシーンは、北海道での撮影中、キャベツ役の猫のパンプくん(10歳)の寒さを和らげるために毛布に包んでいた姿が可愛かった事から映画のワンシーンとして採用されたのだとか。その姿を真似て、愛猫にタオルを巻いたツイートから人気が加速傾向になっています。

スポンサーリンク

Twitterでキャベツ巻きされたペットが続々投稿

社会学者の古市憲寿さんのこのツイートから発したキャベツ巻き。ハッシュタグから全国のキャベツ巻を見る事が出来ます。セカネコの人気ゆえでしょうか?。猫のみならず、犬、鳥、ハムスターに至るまでキャベツ巻になっていました。

一説によると、日本で一番飼われている猫はキジトラ猫なのだそうです。メジャー過ぎてキジトラ猫からアイドル的存在が登場しないかとも思えましたが、セカネコ人気にあやかって、一般のキジトラちゃんからも猫アイドルが登場するかも知れませんね。

キャベツ巻きになった動物のtweet写真を見ていて、ふと思ったんですが・・・これってETもしてませんでしたっけ?(笑)。

初めての仕事場(マウス乗せた)

「世界から猫が消えたなら」は、猫ブームと佐藤健さん人気との相乗効果で大人気放映中の映画です。映画の内容はさておき、劇中の登場するキジトラ猫ちゃんへの関心が独り歩きしているような、もっと、歩いて欲しいような・・・。我が家の猫様もチャンスを伺っているかのようです。

よし!。

自転車とタオルと洗濯バサミを準備して、猫様をキャベツ巻きにしてみますか(笑)。

やってみました。めっちゃ不機嫌になりました。

そう言いながらも再チャレンジ!。

結局マントまでが彼の限界のようです。耳を塞がれるのを非常に嫌がっていました。従って、彼に被り物は禁句のようですね。凄く残念・・・。

スポンサーリンク