値段に敗北!クリスマス背景布で猫撮影してみた

クリスマスシーズンも目前、OIDENYANさん(ハンドメイド猫グッズショップ)から続々とマフラーが送られて来る今日この頃。わが家の猫様(以下、サヨリちゃん)の写真撮影が中々進まないわけです。というのも、私のスケジュールが塞がっていて猫マフラー撮影どころじゃ無くなって来たから。でもね、引き受けたからには撮影せにゃならんわけです。

ハロウィンの背景布に満足したので、先日予告したようにクリスマスの背景布もAmazonで注文しました。今回注文した布は「Hioffer(ハイオフア)背景紙 クリスマス 商品/人物撮影 新生幼児/子供撮影写真用 写真背景布 結婚式 お誕生日パーティー用 ビニール バックグラウンド」。なんと!送料を含めても1,000円を切る価格に即買いです。

今回は、クリスマス用背景布で撮影したサヨリちゃんのサンプル写真とデメリットをご紹介します。背景布選びのご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

クリスマス用背景布で愛猫を撮影

xmas-background-20161

xmas-background-20162

xmas-background-20163

xmas-background-20164

xmas-background-20165

xmas-background-20166

映画ポスター風に加工した画像例

画像に文字を加えるだけで映画ポスター風の画像を作る事が出来ます。

私はフリー画像処理ソフト「GINP」を主に使っています。

猫用クリスマスのスカーフ

merry-xmas2

同時購入したグリーン背景撮影例

Xmas背景と同時に購入したグリーン背景の撮影例です。グリーンと水玉模様とのミックスタイプ。もともとボヤケた印刷ですから、ぼかす必要背の無い使い勝手の良い背景布です。一年を通して背景と利用出来る柄です。

xmas-background-20167

何と言っても価格が魅力

どれだけプリント背景布が安くなったとは言っても2千円とか3千円の出費は必要です。ですが、この「Hioffer(ハイオフア)背景紙 クリスマス 商品/人物撮影 新生幼児/子供撮影写真用 写真背景布 結婚式 お誕生日パーティー用 ビニール バックグラウンド」は消費税と送料を加えても1,000円以下。仮に使い物にならなくても諦められるお値段が魅力。多々問題はあったものの、撮影を工夫すればそれなりにクリスマスっぽい写真は撮影出来ました。

とは言ってもデメリットも

xmas-background-20160

安かろう悪かろうは仕方ありません。この背景布の最大のデメリットはシワ。もうね、ガッチリとシワ入ってます。安物だったので躊躇なくアイロンをかけてやりました。その結果は悲惨なものでシワは目立たなくなった代わりにフニャフニャになってしまいました。このタイプの背景布にアイロンはご法度だと痛感しました。

もう一つのデメリットは小さい事。被写体が猫ですから何とかなります。しかし、人間のお子さんでしたら90cm☓150cmのサイズはオススメは出来ません。価格が上がりますがもっと大きなサイズの背景布を選ぶべきだと思います。

クリスマス背景布まとめ

  • シワが取れない
  • サイズが小さい

気になる部分は多々あります。ですが、光の当て方を変えたり被写体(猫)の配置を工夫したりすることである程度雰囲気のある写真が撮影出来たと思います。今回は普通にライトを当てて撮影しましたが、もっと雰囲気のあるダウンライトなどを使って撮影すれば、さらにクリスマスのイメージ写真が撮影出来たと思いました。

現在、そのようなライティング環境の準備が整っていません。クリスまでにそのようなライトが入手出来れば撮影して写真を追加しようと考えています。

Amazonでのイメージ写真ははっきりくっきりした絵ですが、実際に私の手元に送られて来た背景布はボヤケた感じでした。元々、背景をぼかす写真撮影が目的の方には問題はありませんが、全体的にくっきりした写真をイメージされている方にはオススメ出来ません。しっかりと考えてからご購入下さい(笑)。

気になった方は、Amazonで販売中の「Hioffer(ハイオフア)背景紙」商品一覧ページで新作やバーゲン品などをご覧頂けます。背景布を選ぶだけでも楽しいですよ(笑)。

スポンサーリンク