あの件はどうなったのだろうか?。

愛猫をイメージして作った僕の編み図。もう、記憶の彼方に忘れ去られてしまったのだろうか?。真っ赤なランドセルと黄色い帽子を預かったついでに、その点について触れてみたら意外な回答が返って来た。

「あれはマフラーにするから!」

相変わらず私の予測を超える人だ。外を見れば桜満開。これからマフラーというのは如何なものかと。

断じてマフラー主義

わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)、冬季のトレードマークとしてマフラーを纏って冬を越す。これがサヨリスタイル。だがしかし、これからの季節にマフラーは合わない。見ているだけでも暑苦しく思える。

「ん?、マフラー?。もうマフラーの時期は過ぎたでしょ?。」

「女の人とか夏でもマフラーしてるでしょ?。」

真夏に薄いマフラー巻いてた兄ちゃんがいた記憶が甦る。その時、その兄ちゃんのマフラー姿を見たお姐さん(推定年齢45歳)が、

「オシャレやわぁ~。」

そう、何度も繰り返し口にしていたのを横目に、

(それは無いやろ?。)

そう思った。どうみても暑苦しいようにしか見えなかった。それをサヨリちゃんにさせようと言うのだ。ここは飼い主としては断じて抵抗する場面。

「あれは暑苦しそうやし実際暑いやろ?。」

「夏のマフラーは保冷剤が入るようになってるから暑くないものなの。それがサマーマフラー!。」

「サマー・・・マフラー・・・。」

何でも横文字入れれば良いというものでも無いだろうに。だったら、タンクトップもウインタータンクトップで通るのかね?。まぁ、サヨリちゃんが涼しく過ごせるのなら保冷剤を入れるマフラーも悪くは無いだろう。そこは百歩譲る事にした。

「で、僕の編み図みたいなので出来るの?。」

「それは出来るわ。簡単や。イージー、イージー。」

言葉の合間に飛び出す横文字が気になりつつも、予測できない仕上がりに軽く期待を覚える。

さてこれが、どんな形になってやって来るか?。

すべからく待つことにしよう。

このツイートの反応に気を良くした手造り作家さん(仮)。やる気スイッチが入ったのは間違いのない事実。そうなると、新作サマーマフラーの仕上がりは予想以上に早いのかも知れない。皐月の空に鯉が泳ぐ頃。保冷剤付きのマフラーをサヨリちゃんが巻いている事になるだろう。

サマーマフラー、その前に。

お遍路セットの詳しい写真撮影をやって置こうと思う。白衣、傘の単品価格は高いと思ったが、セット価格はブッコミ6,500円だった。

この価格なら私も欲しいと思った。

だって、ペットのお遍路セットはAmazonで探しても結構お高いのですよ。

この心理は、親バカでなければ理解できないだろうけど(笑)。



<スポンサーリンク>