山田家さんの前で写真を撮った後、八栗ケーブルでお父さんが質問していました。

「猫ってケーブル乗れますか?。」

って。そしたら普通に乗れるみたいなお返事をもらったので、ボクはケーブルに乗る事になりました。という事で、

八栗ケーブルには猫は乗れます!。

バスも車も乗れるボク。きっと大丈夫だと思うよ。電車は怖いけど、ケーブルだから大丈夫だお。

ケーブルのお客さんはボクたちだけでした。だから、ボクがキャリーから頭を出しても大丈夫そうです。ところで、ケーブルカーの写真が無いのは、ケーブルカーの前で知らないお兄さんが大きなカメラで撮影していたのでお父さんが遠慮したみたい。

車掌さんはお姉さんでした。

お父さんが、

「お姉さん、運転するんですか?。」

って聞いたら、

「運転は上の人がします。」

って言ってました。

ケーブルカーは上の運転室で運行を管理しているそうです。

それはそうと、ボクは少し緊張して来ました。

これ、動くんだよね。

今、ボクはお父さんの膝の上に座っています。

ケーブルカーが動く時に、

「ガタン!!!」

って音がして、

ビックリしたボクは、バッグから飛び出してしまいました。

バックの中は怖いです。

ひとりで入るのは嫌です。

だから、ケーブルが動いている間。

お父さんの膝の上でジッとしていました。

お父さんの太ももにしがみついてケーブルを我慢しました。

だから外の景色を見る余裕もありませんでした。

怖かったお。

ごわかったおぉぉぉーーー!。

しばらく転がっていたら気持ちが落ち着きました。

お父さんに白衣を着せもてらって八栗寺でお参りしました。

そこもボクは人気者になりました。

その話は、また今度(笑)。

※撮影場所:八栗寺(高松市)

※撮影日:2017年5月13日(土)

※お遍路衣装提供:OIDENYAI


<スポンサーリンク>