2017年2月27日、ホゲ~っとR法則(NHK)見ていると、思わずわが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)と顔を合わした内容があった。それが「★フェイクニュースを見抜く裏ワザ!」。SNSやネットを通した小中高校生のトラブルが多発している昨今、このような情報は人気番組でドンドン出すのは大賛成。全ての番組で「悪い大人に騙されちゃダメだよ!。」的な一コマを入れるべきだとすら思っています。そんな裏ワザの中で、私が「へぇ~~~!!」って思ったのが、

怪しい画像は画像検索にかけろ!

うっかり自分が投稿してしまった画像が、他人に盗用されてないかを即座に調べる方法。私のように猫(ペット)の写真をガンガンアップしてる人にとっても重要な情報では無いのでしょうか?。

めっさ簡単なので、ぜひとも覚えて置きましょう(笑)。

写真盗用サイトを調査する方法

オラオラぁ~。

サヨリちゃんも本気になったようです。では、早速その方法をご紹介しましょう(笑)。

手順1:気になる写真をダウンロードします。

あれれ?。そう思った写真や自分がSNSに投稿した写真をダウンロードします。パソコンに元の画像があれば、その画像でもオッケー!。

試しに私の一番のお気に入り写真で調べてみます。この写真は偶発的に撮れちゃったサヨリちゃんの奇跡の一枚。今まで撮影した中でもナンバーワンなので個人的に大事な写真なのです。

手順2:Google画像検索を開きます

みんな知ってるGoogleには画像検索があります。その画面を開いてダウンロードした写真を検索窓にドラッグ&ドロップします。

自分の写真が使われているサイトやブログが検索結果に表示されます。

RTされたTwitterツイートとキジとらのページが出てきました。私の考えているよりも、サヨリちゃんの写真って可愛くないのかな?。良かった思う反面で寂しかったりもします(^_^;)。

まとめ

変なサイトにサヨリちゃんの写真が使われていたら気分の良いものではありません。これはペットレベルのお話です。なので、人生に大きな影響を与える事も無いでしょう。少なくとも、キジトラ猫の顔をそれぞれ判別出来る人が世の中に何人いるでしょうか?。よほど猫に執着心が無ければ見分けられるものではありません。私はうちの子とよその子と見分けられますけど(笑)。

一方、最も危険なのは小中高校生などの子どもたち。無意識や興味半分でSNSへ投稿した画像が引き金となって、後に大問題へと発展する可能性だってあります。最悪の場合、自らの一生を大きく変える事にも繋がり兼ねません。SNS上では、人物写真を数千円で買い取る業者も存在するそうです。わずかなお金のために、自分の写真を販売する事だって危険なのです。将来、自分が売った写真がどのように使われるのかも分からないのですから。そして、それは女子だけの問題はありません。男子の写真だってニセのSNSアカウントに使用されたり、偽の履歴書などに使われる可能性だってあるのです。

写真を投稿する前に、これは良いのか?悪いのか?。一度、考えてみる習慣をつけてみては如何でしょうか?(笑)。


<スポンサーリンク>