クルリとひっくり返った耳先が特徴的な猫。それがアメリカンカール。その歴史は意外と浅く、初代アメリカンカールは1981年、カリフォルニア州レークランドに住むルーガ夫妻に拾われたのが始まりです。そう、最初のアメリカンカールは家の前に落ちていた仔猫だったのです。

初代アメリカンカール

何が起こるか分からないのが世の中というもの。ルーガ夫妻の家の前で鳴いていた仔猫たち。でも、仔猫の第一発見者だったジョー・ルーガさんは大の猫嫌い。奥さんのグレース・ルーガさんにも仔猫に餌を与えないように指示を出したそうです。しかし、奥さんは大の猫好き。世の中、ご主人の思い通りにはなりませんね(笑)。

奥さんが仔猫の面倒を見ているうちに、猫の耳が特別な形をしている事に気づきました。そして、獣医さんへ見てもらったところ、突然変異の新種という事実が発覚したそうです。それが現在のアメリカンカールという品種。

初代アメリカンカールはシュラミスと名づけられました。アメリカンショートヘアの耳くるり版のイメージが強いアメリカンカールですが、初代は毛の長い黒猫でした。

家猫の多くの新種は突然変異で生まれるのだそうです。仔猫の中に違った特徴を持った子が居たら、もしかしたら新種の猫ちゃんかも知れませんね(笑)。


<スポンサーリンク>