別バージョンのお遍路さんの傘が届いたよ

先日届いた小さな小さな遍路笠。

思いの外好評でたくさんの「可愛い」というお言葉を頂きました。

それを聞いて気を良くしたOIDENYAIさん。新バージョンの遍路傘を引っさげてキジとら事務局へやって来ました。それがまさかのビッグサイズ!!!。

スポンサーリンク

猫にとっては大き過ぎた遍路笠、もはや矛先はあの動物しかいない!

「じゃ~ん!。」

「わ、凄い(棒読み)。」

「じゃ~ん!。」

「・・・・。」

「何、その反応。」

「いや・・・。」

「何それ、全然・・・なんか、目が輝いてないし・・・。」

「そんな事無いよ。良いよ、コレ、凄く良い。」

「凄いやる気なくす。」

「ただね。」

「ただ何よ!。」

「少し・・・多きいかな・・・って思って。」

Peeping Life Libraryの「おきづきバカップル」みたいな会話。

今回の笠は渾身の一撃で持って来られたようです。確かにデザイン・質ともに遍路笠のイメージに近い笠ではございます。ですが、わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)にはビッグ過ぎて対処できません。

笠をかぶせるとこんなだよ。

サヨリちゃん涙目になってるよ。

チェオクの剣チャン・ソンベクさんみたいになってるよ。

これで剣を持たしたら完璧やん?。

チャン・チェオクはオレが守る!的な・・・。

背中の乗せたら亀仙人。

笠も少し重いから武術の修行にはなるね。

これは格好いいから許す。

でも、無いわ~。

コレ無いわ~。

「ちょっとさ、目先を変えてみようよ。」

「何が?何で?。」

「このサイズはメインクーン級でも難しいかも知れないよ?。」

「そんな事ないわ。」

「難しいって。」

「そんなぁ~。」

「でもね、犬とかだったら全然イケるんじゃない?。」

「・・・犬?。」

「そうです。犬です。ゴールデンなんちゃらです!。イケると思います。」

「ワンちゃん用?。」

「絶対にイケます!。そう言っています。」

「何が?。」

「笠がそう言っているんです。笠が言うのだから間違いありません!。」

「笠は何も言わないと思います。」

「笠にだって心はあるんです。その笠が言っています。猫は嫌だ、犬が良いと笠は言っています。」

「そうなの?。」

「そうです。」

「でもね~。」

「そうなんです。決まっているのです!。」

「そう・・・なの?。」

かくしてこの笠は、ワンちゃん用として販売決定!

・・・するのか?。

スポンサーリンク