可愛いねぇ~!猫の写真撮影あるある

「背景布と光源を変えてからやる気になってますね、お父さん。」

サヨリちゃんの撮影用お立ち台の背景を黒にしてみました。ついでにLED投光器を追加すると・・・。

「今までが過酷すぎたんだよ、サヨリちゃん。でも、色々とやらないと正解が見つからないからね。何事も経験だよね。今の知識があったら、冗談抜きで撮影セット1万円チョイで出来てたわ。」

「良いじゃないですか、お父さん。何事も芸の肥やしとなるのですから。」

「何だか良いこと言っている風に聞こえるのだけれど、お父さんは芸人ではありませんから。」

「似たようなものでしょや。」

「なぜに、東北弁?。」

スポンサーリンク

猫の写真撮影あるある

「実は、新しく外付けHDを買うんだよ。」

「にゃんで?。」

「写真が増えすぎてPCが悲鳴を上げているから。今は凄いよ、1テラクラスで7千円しないからね。お求めやすくなりました。」

「メッチャ写真撮影したのですね、お父さん。」

「メッチャ苦労してね。」

「どんな?。」

猫はこっちを向いて欲しい時に限って向かない

「海とかに行くと思うのだけれど、風景と一緒に顔を撮りたくても、こっち向かないよね?。」

「ボクだって、お船が見たいですからね。」

更に視線を合わせるのは至難の業

「サヨリちゃんと視線を合わすのは奇跡のようなものだよ。難易度高すぎ。」

「猫にとって『視線』では無く『死線』ですよ。お父さんじゃなければ、ぶちのめしているところです。」

奇跡は2度と起こらない

「赤ちゃんのようなサヨリちゃん。もう、こんな写真は二度と撮れないよ。」

「お父さん、そのお歳で幼稚園児のような格好をして可愛い顔出来ますか?。ボクも、それと同じようなものです。たまたま可愛かったかも知れませんけれど、何度もやるとは思わないで下さいね。」

服を着るのが嫌

「今のサヨリちゃんは服を着ても大丈夫だけれど、最初は大変だったよね。」

「あのね、寸法がメチャクチャ何ですよ。ボクの体に合わせた服を作ってくれたから着ていられるの!。感謝なさい。」

「は・・・はい。」

被りものも嫌

「被りものにも好き嫌いがあるよね。」

「耳が動かないかぶりものは基本NGですよ。中で耳が動かせるゆったりとしたのなら全然イケますけれどね。」

外での撮影は気を使う

「何気で野外撮影は気を使うんだよ、サヨリちゃん。」

「ボクは全然平気ですけれど?。野外撮影は好きです。」

「でも、大きな音とかしたら、ざーって走るじゃん?。」

「怖いんですから当たり前です。」

「それと、知らない人にも話しかけてるじゃん。猫が嫌いな人だっているんだよ。」

「ナンパは数です!。声をかけるほどに成功率は上がるのですよ。要するに分母を増やせば良いのです。」

「何の話やねん?。」

ずっと寝ている

「基本、ずっと寝ているでしょ?。お父さん、ずっと待っているのだけれどね。」

「猫は寝るのがお仕事なのであしからず。」

動きが早くて残像拳!

「シャッター速度をいくら上げてもブレるわい。」

「わいやって、走りたい時もあるんや!。」

基本的に仏頂面

「可愛い顔と、仏頂面との落差が激しいわ!。」

「いつもヘラヘラしている人間を、アンタは信用出来るのかい?。」

お昼間の目が怖い

「昼間は目が怖いよね。」

「夜中でも光の加減ではこうですけれど?、何か?。」

決定的瞬間を撮影したのに、暗くてボツ

「そうそう。暗くてボツは多いわ。」

「高性能カメラを買うか、明るい照明を付けるか、いづれにしても貧乏人のお父さんには酷な話でしたね。にゃ、にゃ、にゃ。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク