台風5号の朝の猫

台風なのに寝ている猫

「何やってるの?、サヨリちゃん。」

「スタンバイに決まってるでしょ?、お父さん。」

「何のスタンバイですか。」

「お出かけです!。」

キャリーバッグの中に入りきれていませんよ。それと、今日は平日だし台風が来ているから、サヨリちゃんの外出は無理だよ。お父さんは出掛けますけどね。」

「そうですか、そうなんですか。それは仕方ありませんね。ところでお父さん、バッグの件で相談があるのですけれど。」

「何ですか?。キャリーバッグに何か問題でも?。」

「フニャフニャで入り辛いです。」

「それは僕も気になっていたよ、サヨリちゃん。買った時はシャキってしていてバッグというよりも箱だったかね。それだけ使い込んだって事だよね。でもね、買ったのは去年の12月だから、新しいのはまだ買わないよ。」

「あ~~~、お出かけもダメ、新しいバッグもダメ、もう、ダメダメだぁ。」

「そうダメダメだよ。でもね、今日は台風5号の中、お兄ちゃんが帰って来るよ。瀬戸大橋が通れるようになったら、お兄ちゃんが帰って来るよ。」

「お父さん、バッグをセッティングして下さい。今すぐやれ!、上田!。ソファーの上にキャリーバッグをセットするんだ!。」

「はい、はい。それで、どうするの?。」

「お兄ちゃんが帰って来るまでここで待ちます。お父さんは、お仕事へでも何処へでも行って下さい。行っちゃって下さい。」

「ゲンキンやなぁ~。」

スポンサーリンク