中古レンズ高っか!壊れたミラーレスカメラが復活

先日、不注意で自由落下させてしまったNikonのミラーレスカメラ。それからというものiPod touchが大活躍。わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)の写真撮影には欠かせない存在へと大出世。

一方、これまで頑張ってくれていたNikon1は壊れたまま簾の片隅にぶら下がったまま。ただ、iPod touchにも限界というものもあって、Nikon1クラスのカメラの必要性もやっぱり感じてしまっていたり。

小刻みに心が揺れ動くおじさんが、フラフラと入った所がキタムラカメラ。キタムラカメラでカメラを見ていて思うこと。

「もう一回、「海」行くか?。リベンジ「海」か?。「海」ですか?。」

マリンちゃんの顔を何度見られたらカメラが買えるかと計算しながら、ふと中古コーナーへ目を向けると・・・レンズの中古を見つけてしまった。いつもなら、いつもの事なら買って帰る場面だけれども、Nikon1が壊れた原因は自由落下。

カメラのメッセージはレンズの異常を訴えてはいるものの、異議申し立てをしているカメラ本体ですら信用できない。本体だって壊れている可能性はゼロでは無いのだから。

目の前にある中古レンズは1万4千円。正直、お高い、お高過ぎる。Amazonで販売されている新品のレンズは、調べてみると1万6千円(送料・税込み)。ただ、本体が駄目なのならAmazonでレンズを買っても無駄になってしまう。そんな危ない橋は渡れない。

そこで、壊れたNikon1にレンズを装着して動けば買うことにした。カメラに詳しくなさそうな店員さんに壊れたNikon1に中古のレンズをセットして、カメラの動作チェックをしてもらうと普通に動作した。

「問題無く動作していますね。大丈夫です。」

その言葉にメッチャ不安を感じる。ここで店員さんの言葉を信じてしまう事に不安を感じた。そこで、

「一応、撮影チェックさせてもらいます。」

と言って、数枚の写真を撮影して画像の確認を自ら行なう。私がチェックした限りでは問題無く撮影出来ていたので購入に踏み切った。でもね、レンズの色が違う事に加え、新品と変わらない中古価格には不満があった。

レンズを買うという目的の為ならば、Amazonで新品をポチるのが正解なのかも知れない。でも、店員さんに手間も取らせた事もあったので、その場で中古レンズを購入する事にした。

サヨリちゃん野外撮影では、iPod touchもNikon1も映る写真に大差は無いと思っている。ただ、背景のボケという恩恵はiPod touchでは受けられない。どうせ写真を撮るのだから、Nikon1が動くのであるのなら、やはりミラーレスに軍配が上がるだろう。

天気予報の情報によると、明日から一週間の期間、くもり空が続くそうだ。快晴の中でのサヨリちゃんの写真撮影は来週に持ち越されるものの、逆に来週以降の楽しみが増えた。

ただ、中古レンズの購入は私の財布に大きなダメージを与える結果となった。したがって、しばらくの間、インスタントラーメン生活が続くことになります。

キジとらメンバーさん、食料支援を望む!。

この記事を書いている途中で物資(ジャガイモ)供給の連絡が入った。さっき自家製農園から収穫したばかりのジャガイモだ。もしかしたら我々の行動は、密かにキジとらメンバーたちの手によって監視されているのかも知れない。そう、勘ぐってしまうほどのタイミングの良さ。

ジャガイモの後、その勢いは止まらず調理パン(チーズなんちゃら)一個とコンビニのスターバックス エスプレッソまでもが別に届けられた。Twitterでこんな発言をした事はないのだけれど、やっちまったらどうなるのか正直怖い(^_^;)。

スポンサーリンク