夏だから!ほっともっと W牛塩重 を食べちゃった

「うひゃ~。凄いお弁当ですね、お父さん。肉に遮られて、ご飯が見えないじゃないですか!。」

「そうなんだよ。正直、ほっともっとから持って帰ったお弁当を見て手が震えたよ。そのデカさにね。」

「ほっともっとに、こんなお弁当があったなんて知りませんでした。」

「このお弁当は、W牛塩重という名前です。見てのとおりの牛肉弁当だよ。」

「見れば見るほど、存在感が大きいですね。W牛塩重なんて名前よりも、肉弁の方がお似合いです。」

スポンサーリンク

ほっともっと W牛塩重は戦艦大和級のド迫力

「ここだけの話。お父さんは、ほっともっとを舐めていました。舐め切っていたので、大を注文してしまいました。最近ね、肉体的にハードスケージュールが続いていたので、スタミナ付けようと思って買って来たのだけれど、僕の胃袋・・・大丈夫かな?。またまた、今夜の晩御飯は抜きの予感。」

「大丈夫ですって。食べ切れなければ、ボクがいるじゃありませんか。サヨリちゃんをアテにして頂いて良いのですよ。アレにしろよな!。」

「それはダメだよ、サヨリちゃん。サヨリちゃんの健康を害さない為にも、お父さんは頑張って食べます宣言!。」

「けっ!。」

「こうやって見ると、お弁当なのに戦艦に見えるよ。もうね、このお弁当のフォルムってヤマトっぽくね?。迫力だけなら大和級だ。」

「ボクはレモンが苦手なのでどうでも良いお話ですが、お肉にレモンって美味しいの?。」

「その問題は未だに解決されていない問題だよね。特に鶏の唐揚げにレモンをかけるかけない問題は、定期的にネット上で議論が交わされ続けているよ。」

「そうですか。で、W牛塩重のお味は如何ですか?。」

「美味しいよ。めっちゃ美味しい。お肉食べてる感じが半端ありませんね。でもね。」

「でもね。」

「確かに大を注文した僕も悪かったのか知れないのだけれど、脂が凄くってお腹の中が電線音頭ばりに盛り上がっている感じがしているよ。」

「お腹の中がチュチュンがチュンという事ですか?。昨日の記事を引っ張りますね、お父さん。」

「バレたか。サヨリちゃんも返しが上手くなったね。でね、W牛塩重食べながら思ったのだけれど、このお弁当は素うどんに会う気がしたんだよね。口の中の脂をうどんで流し込むと、あたかも、肉うどんを食べている気分になれるかも知れないと思ってしまったんだよね。そうこう思っていたら、無性にうどんが食べたくなって来たよ、サヨリちゃん。次からは、うどん屋さんで、うどん玉も一緒に買ってこよう。」

「あんた、ダイエットする気なんてサラサラ無いやろ?。」

【お知らせ】
これまで不定期に書いてきた試食レビューネタですが、本日より毎週水曜日に投稿する事に致しました。主にテイクアウト商品のレビューとなります。また、他の記事に付きましても曜日ごとにテーマを決めようと考えておりますのでよろしくお願い致します。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク