【中国】天宮1号墜落、落下地点と落下日時は不明?!【宇宙ステーション】

「お父さん、大変です!。ホゲーっとしている場合じゃありません。アマミヤが落ちてきます。中国からアマミヤ1号が落ちて来るんですよ。」

「中国からアマミヤって何んだよ?、サヨリちゃん。」

「ネットで話題になっていますよ、アマミヤ1号。」

「ん?、それって天宮(てんきゅう)1号の事ですか?。中国の宇宙ステーションだよね?サヨリちゃん。」

「そうです、そうです。中華ステーションが降ってきます。逃げないと、逃げなければです。ボクをキャリーバックに入れて連れ去りなさい、お父さん。」

「『連れ去りなさい』って、聞きようによってはロマンチックな表現ですなぁ。良家のお嬢様との駆け落ちシーンみたいだね、サヨリちゃん。」

スポンサーリンク

2018年前後、地球の何処かに落ちて来る中国製宇宙ステーション

「死んだふりをしてもダメだよ、サヨリちゃん。中華ステーションは、クマじゃ無いんだから。最近ではクマでも死んだふりしちゃダメだって言われているよ。宇宙ステーションが落ちて来る件、実はお父さんも知っていました。でもね、情報元がGIGAZINEだったから放置していたんだよ。去年の今頃だったかなぁ~、シリウスが超新星爆発起こして人類滅亡って、ちょっとした騒ぎになったからね。もう、毎日人類滅亡情報が飛び交っているからね。ガセだったらと思って放置しておいたのだけれど、あっちこっちで記事になって来たね。これじゃぁ~、年末年始は人類滅亡祭りだね。」

「何を呑気な事を言っているのでしょうか?。お父さんはアホですか?。逃げる準備をしなくては!。一刻の猶予もありませんよ。」

「そうは言うけど、サヨリちゃん。僕らに分かった事は、天宮1号が制御不能になった事を、中国が認めたという事実だけだよ。現段階でザックリと分かっている事は、

  • 2017年12~2018年2月の間に落ちて来るかも?。
  • ロケットエンジンとか大きな部品が落ちて来るかも?。
  • 南緯43度から北緯43度の間に落ちるんじゃね?。
  • まぁ、詳細は墜落の6~8時間前に分かるんじゃね?。

それくらいのものなの。簡単に行ってしまえば『2017年から2018年にかけての年末年始。中国の宇宙ステーションの部品が地球の何処かに落ちるんじゃね?。』って事。今からバタバタしたところで、どうにもこうにも出来やしないさ。落ちる場所が分かったところで、宇宙ステーションの部品は1個じゃ無いのだから逃げる所もないさ。それこそ逃げた場所に落ちてきたら本末転倒だわさ。という事で、動かないのが1番じゃね?。って結論に達していますよ、お父さんは。」

「でも、でも、でも、ボクはめちゃんこ怖いのですよ。宇宙から鉄が降って来るんですよ。一昔のラノベなら、空から降って来るのは美少女が定番だったのに、今回は、空から鉄の塊が降って来るのですよ。恐怖以外の何者でもありません。」

「うーん、気持ちは分かるのだけれど、サヨリちゃん。今の日本の状況から考えると、それくらいでジタバタしてちゃダメだよね。いつ何時、北から何が降って来るかも分からないし、メキシコ地震の後は日本でも大地震が発生するって囁かれているんだよね。その地震の日が10月19日なのだけれど、これまで地震だ戦争だってどれだけネット情報が煽って来たか。そんな情報ばかりでは、受験生は堪ったものではないと思うよ、現実問題としてね。努力の先が人類滅亡みたいな情報が蔓延しているからねー。その点、行政はきっちりと取り締まるべきだよね。そんな事からも個人的な意見では御座いますけれど、『ノストラダムスの大予言』シリーズを書いた五島勉さんの罪は重いと思いますよ。お父さん、思春期の頃にアンゴルモアの大王に相当ビビらされたからね。ああいうのを出版して儲けちゃダメだわ。『ノストラダムスの大予言』全巻持っていたのだけれど、1999年に用済みになったから、ブックオフへ持って行ったら査定金額タダ同然だったわ。」

「お父さん、五島さんを軽く恨んではいませんか?。」

「普通に根に持つでしょ?。幼気な少年が、あんな嘘八百にビビらされたのだから。ノストラダムスの大予言さえ無ければ、もっとステキな青春が過ごせただろうと思うよ。もうちょっと、受験勉強も頑張ったかも知れない。だ・か・ら、人類滅亡とかオカルトとか、そんな情報を子どもに耳には入れない方が幸せだと思うよ。特に受験勉強には見て欲しく無いな。」

「それもそうですね、お父さん。ボクも中華ステーションで大騒ぎするのは止めておきます。最初はパニクりましたけれど、お父さんにお話したら何だかすっきりしましたよ。ありがとう、お父さん。」

「そうだよね、闇雲に大騒ぎして不安を煽るのは良くないよね。NASAとか、NHKとか、出元がハッキリとした公式情報を元にして、中華ステーションの件はしっかり考えるから。サヨリちゃんは安心していなさい。」

「・・・。」

「あーーー。寝ちゃったか。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク