失踪から3年後、5歳の少女と再会を果たした猫

大切に可愛がって来た愛猫の失踪。

家族であり親友だった愛猫カーソルが失踪し、小さな心を痛める5歳の少女がいた。その子の名前はクラウディア。カーソルはクラウディアが生まれる前から飼われていた猫であり、クラウディアが生まれてからは兄弟のように育って来た。

カーソルは常にクラウディアを見守り、クラウディアもカーソルと共に生まれてからの2年間を共に暮らした。そんなある日、突然、カーソルは姿を消した。

今までずっと自分と共に行動し、自分を見守ってくれたカーソルの失踪に2歳のこどもの心は大きく傷ついた。毎日、カーソルを探し求めるクラウディアに両親も迷い猫のポスターを制作したり、Facebookを立ち上げたりして懸命にカーソルを探した。

スポンサーリンク

失踪から3年後、彼らの想いは神様に通じる事になる。そして、再開の瞬間が訪れた。

2016年8月16日。

BC SPCA Nanaimo Branch公式Facebookに投稿された動画。再生回数は6万8千件を超え人々の涙を誘った。それは、3年前に失踪した愛猫と、それを探し求めた5歳の少女との再会の場面が記録された動画だったからだ。

親友であり家族だった愛猫と共に過ごした2年間。それよりも長い期間、愛猫を探し求めた3年間の想い。カーソルとの再会の喜びは、クラウディアの表情だけで十分に伝わった。そしてカーソルを抱きしめて放さない彼女の姿は、世界中の人々に感動を与え、失踪という形で大切な家族を失った人々に、一筋の光を与えた事だろう。

愛猫が失踪しても、決してあきらめてはいけない。

この動画と彼女の慢心の笑顔は、わたしたちにそんなメッセージを残してくれたのかも知れない。

諦めなければ、想いは通じるのだから。

そして、奇蹟を信じる強さも必要だと思う。

スポンサーリンク