奇譚クラブの猫ガチャガチャ「クロミ」

「おぉ~!。」

「わぁ~を!。」

「奇譚クラブ サンリオキャラクターズの中で1番ハズレっぽくて、お父さんが1番好きなクロミです。」

「かぶりものひとつで気分が変われますけれど、ブラック系は一際ボクを引き立てますにゃ。記事の作成中でにゃんですけれど、これはハロウィンの時に着ていたスカルセーターの方が良かったと思いませんか?。もしくは、ハロウィンマントでも雰囲気出まっせ?。」

「だろ?、だろ?。そう思ったのだけれど、そう思ったのが今日だった。残念だけれど、また今度ね。」

奇譚クラブ ねこのサンリオキャラクターズは、キッズルーム(楽天ショップ)でお取り寄せしました。近くに奇譚クラブのガチャガチャが無くても全種コンプリート状態で予約注文が可能です。

スポンサーリンク

奇譚クラブ クロミ

「サンリオキャラクターズも大詰めで、こんな質問も無粋だとは思いますが、お父さんってサンリオキャラクターズ知っていますか?。」

「知らないよ。知っているのはキティちゃんだけ。」

「それで、キャラクターの話には一切触れなかった訳ですか。やっと謎が解けました。」

「だったら、いつものように『さぁ、検索しよう!』とか言いながら調べれば良いのに。」

「モノとか原理とかは、それで良いかも知れないのだけれど、ブラックサヨリちゃん。キャラクターや芸能人やアニメなんかのニワカは直ぐにバレるよ。彼らは魂で見て、聞いて、考えるのだから。ニワカはあかんって。」

「そんなものですかねぇ。分かんにゃいです。」

「ブラックさよりちゃんなのに、今日は穏やかな顔をしているね。何か良い事でもあったのかい?。」

「目の前に獲物が無いからですよ、お父さん。前回の時には、目の前が魚の缶詰だらけでしたからね。そりゃ、高ぶりますって。このタイミングでお知らせだよ。次のキャラクターで奇譚クラブ サンリオキャラクターズコンプリートっす!。KIRIMIちゃん.で終了だよ。」

「なんか、今までと違うっすね。これ、ボクの顔ってずっと横向きっすか?。気に入らないにゃ~。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク