新Vロート 対 VロートPREMIUM!安い目薬は全然効かない

「何ですか?。もー、メッチャ邪魔なんですけど、お父さん。」

「新Vロート と VロートPREMIUMですよ、サヨリちゃん。」

「目薬なんて一本あったら良いじゃないですか!。二つも買うなんて勿体無い。」

「それには深いワケがあるんだよ。」

スポンサーリンク

お父さんにとって、新Vロートは水と変わらなかったのです

「そのワケ、聞いてあげましょう、お父さん。」

「お父さんは、季節の変わり目になると目が辛くなります。何だろ、目が辛くなりました。」

「何で二回言うかな?。それだけ目が辛かったって事ですね。」

「そうそう。なので、季節の変わり目じゃない時には目薬は不要な人なのです。で、2017年の秋は、新Vロートを使ってみようかと思ったの。」

「にゃんで?。」

「安いじゃない。そして、新Vロートってお父さんが小さな頃から新Vロートなんだよね。それだけのロングラン商品なのだから、きっと効き目もロングランだと思ったんだ。」

「それどうでした?。」

「効かねぇ~。もうね、水だわ水!。安い目薬は買った事が無かったのだけれど、最初から高額な目薬にしとけば良かったわ。ハッキリ言って、アイボンの方が全然効果がありました。」

「たいへんなご立腹ですね、お父さん。で、どうしてVロートPREMIUMなんですか?。」

「ロートの目薬は初体験だったので、高いのもロートの使ってやろうかと思ってね。それがクソだったら記事にしたろと目論んでいたんだよ。そのためだけに、レディー薬局で買って来たんだよ。フッフッフッ。」

「とんだクレーマーだ。で、VロートPREMIUMはどうしたか?。目の疲れは無くなりましたか?。」

「速攻で効果出たわ。しばらく目薬は要りません!。今日は調子が良すぎて、『ドクターX』見ながら3記事目だよ。快調、快調~!。」

「値段は嘘をつきませんね、お父さん。」

「だな。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク