小さくて簡単に作れるよ!樹脂粘土でごめん寝ネコを作ったよ

「偽チロルの横のはごめん寝している猫ですか?。猫ですよね?。」

「何で二度聞く?、サヨリちゃん。当然、猫だよ。そして、このチロルは本物だから。」

「マジで?。」

「嘘。」

「ビチクソ丸っている間に、チロルの上に移動させましたね、お父さん。」

「乗せた方がサイズ感が分かるかなって思って。」

「この猫はどんな気持ちで作ったの?。」

「誰にでも出来る猫を考えていたら、このごめん寝ネコが出来ちゃった。」

「この猫は誰にでも出来るの?。」

「丸に耳を付けて尻尾を付けたらネコでしょ?。猫に見えるでしょ?。」

「『カラータイマーを付ければ、ジャージ姿でもウルトラマン』的な発想ですね。あざとく庵野監督の若い頃の手法を粘土に持ち込みましたね、お父さん。」

「バレたかっ。そうだよ、サヨリちゃん。人間の脳が猫と認識できればそれで良いっていう発想だよ。でも、ごめん寝だったら目を入れる必要性が無くなるからね。その分、作ることは簡単になるんだよ。欲を言えば、虎柄を入れればもう猫。絶対に猫にしか見えないから。」

「だったら虎柄を入れれば良いじゃない?。」

「粘土が固まってからマジックで書き込んで見ようと考えているんだ。それはやった事が無かったし、仮に出来たら作業が楽でしょ?。」

「まだまだ発展途上なんですね、お父さん。がんばれ。」

「は・・・はい。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク