愛猫が隙を見せたので、マウスを頭に乗せてみた

トイレトレーニングを兼ねて仕事場へ連れて来たキジトラ猫。最初は落ち着かなかったのに、小一時間も居ればもう我が城なのです。ちゅーるも食べたしやる事も無いので私の監視を始めました。

マウスを頭に乗せたキジトラ猫(監視中)

スポンサーリンク

トイレトレーニング開始

凄い形相でこっちを見ています。こんな目つきどこかで見たような・・・。記憶の中をまさぐってみると・・・あっ、いたいた。中学の期末テストの時の先生の目だわ。って事は、今、試験中なのかね?。ニャンコ先生。

マウスを頭に乗せたキジトラ猫(監視中に睡魔が)

監視も飽きて来たのかな?。両目のまぶたが今にもくっつきそうです。真ん丸い香箱を作ってごめん寝の姿勢にトランスフォームするまで数分と言ったところかな。

マウスを頭に乗せたキジトラ猫(何か頭に乗りそう)

もうね、この無防備な頭部が微動だにしない。これは、何か乗っけるっきゃないでしょう。そう思った瞬間、腹を向けて転がっていたマウスが視界に飛び込んで来た。チャンス!チャンス!シャッターチャンス!。

マウスを頭に乗せたキジトラ猫(乗せてみた)

頭の上に、そ~っとマウスを乗せてみた。大きさと重さが丁度良かったのだろう、猫様も嫌がる事無くじっとしている。でもたぶん、

「また、アホな事しやがって!。」

そう思っているのだろうが、今日はちゅーるが効いているので結構言いなり。軽くにらみを効かせるものの、そのまま寝てしまいそう。いつまで、こうしているのかな?。しばらく見ていたけど可哀想になたのでマウスを取り上げると、

マウスを頭に乗せたキジトラ猫(もう、やめんの?)

えぇ~~~~!!!。もう止めんの?。ビックリした顔を見せた。即座にマウスを頭の上に乗せてみたけど、2回目はダメよとばかりにマウスは振るい落とされてしまった。

こんな感じになったら、頭にモノを乗せる事が出来るのかぁ~。手の届く範囲に猫様の頭に乗せられる小物を置いておかなければ(笑)。

サヨリちゃんが頭に何かを乗せてるニャンコ写真の一覧はこちらから(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク