断食2日後!短期間ダイエット効果には満足

血圧も上がってる感じだし体も重い。朝、同僚に、

「顔パンパンやん?」

そう言われる事もしばしば。

「代謝も落ちてるだろうし健康体とも言い難い。それに加えて太って来た感じも半端ない。今日は、何やかんやで飯食ってないなぁ~。このまま寝たら断食出来るかな?。食べるのはいつでも出来るし。じゃ、やってみようか!。」

愛猫に話しかけながらお気軽断食が始まった。気楽に始めた断食。リタイアなんていつでも出来ます(笑)。

※注意!このブログは猫ブログです。ダイエットブログではありません。

スポンサーリンク

断食24時間までの変化

おやすみなさい

  • お腹が鳴る音が喧しい。音を隠すのに一苦労する。
  • 腸がウニャウニャと動く感じが頻繁にある
  • 血圧は安定しているようだ。カッカしない。
  • お腹がペッタンコ、ベルトの穴が2つ縮んだ。
  • 夜に入って体がフラフラしたが、頭痛は起こらず。

固形物を食べなくなって24時間の間に体感した事を箇条書きにするとこんな感じだった。断食を意識せずに食事を取らなかったので、何か食べなければならないという意識は無かった。

今日は忙しくてご飯を食べるのを忘れたレベルで一日が過ぎる。断食を意識したのは寝る前だった。食事を取るか否かで悩んだが、断食を決断させたのはネットのブログ記事。断食体験に対して肯定的な記事を読んで、もう一日だけやって見ようと思い立つ。明日だけという気持ちで挑むのだから楽ですね(笑)。

※注意!このブログは猫ブログです。ダイエットブログではありません。

断食48時間までの変化

お好み焼きを狙う猫

  • 朝、トレイに入ったがナニは出なかった。何も食べてないから当たり前ですね。
  • 体の軽さを感じる。これは良い事だ。
  • 肩凝りを感じなくなった。
  • 目のショボショボ感も軽減された気がする。
  • 相変わらずお腹はペッタンコ。
  • 一日中、眠いと感じる事が無くなった。
  • 飲食に要する時間が浮くので、時間の流れが緩やかに感じる。
  • 頭痛は起こらず。

尿の臭いが「薬っぽい」とか「色が濃い」という断食体験記事が多かったが、別にそんな様子は無かった。少し残念。
ずっと唾液が出っ放し。若い頃、口の中ってこんな感じだったなぁ~っと思った。

午後1時36分、下痢になった。その波は、連続して2回起こった。色はカレールーそのもの。コールタールのようなと表現されるナニは出ない。もう一日の断食が必要か?。
丸一日食事を抜いた翌朝、便が出る事は無かった。やっぱりね、そうだよね。だって何も食べてないんだから出るワケが無い。ちなみに、私は便秘とは無縁な人生を歩んで来た。従って、ドバーーっと快便という事への期待は無かったし、事実来なかった。

この日、

「明日BBQやるから!来てねぇ~!。」

・・・マジっすか?。

断食中なんだけど・・・。

明日、3日目なんですけど・・・。

なんて言えるワケも無く、48時間+6時間で断食を断念。別にコレって変化は無かったけれど、体重2キロ減と体が軽い感が体験出来たのでそれで手打ちだ。呆気ない幕切れに笑いも出ない。

はい、断食終了!、晩御飯の用意開始!。

これ以上断食を続行して、急にBBQなんて食べたら死んでまうわ!。と言う事で、少量のご飯に玉を1個を混ぜて、熱々の永谷園のお吸い物をぶっかけたモノを30分掛けて食べました。

夢を壊して申し訳ありませんが、料理の味が数倍に感じるなんて事は全くありませんでした。あまりにも普通で拍子抜け。その粋に達するまでにはもっと食事を抜く必要があるようですね。(それをやる気は毛頭ございませんが・・・。)

これで断食記録は終了!。その筈だったのですが、まだまだお話は続きます(笑)。

※注意!このブログは猫ブログです。ダイエットブログではありません。

断食48時間終了、翌朝の記録

たまに男前になる猫

断食を終了すれば書く事無し!。別に普通の生活に戻るものだと思っていた。世の中の断食に対する評価は過剰なのだと。何かの商売のタネに断食を使っているものだと。ところが出ました。

コールタール的な何か

何かね、ドロッとしたドス黒いのが。大量にというワケではありませんが、これが噂のコールタールって奴か。それは、実物を見ただけで分かります。

だって、人生の中でもこんなの見た事ありませんもん。この日は、朝の目覚めもまぁ良かったし、体も軽かったです。BBQも美味しく食べさせて頂きました。断食前よりも頭がスッキリして気もします。

そして翌日、素敵な朝を向かえる事になります。

※注意!このブログは猫ブログです。ダイエットブログではありません。

断食48時間終了、翌々朝の記録

デスクの上で寛ぐキジトラ猫

断食終了、翌々朝の記録を書きます。

実は、今日のお話です。断食をして良かったと、初めて思った朝でした。まずは、目覚めが良かった事。睡眠時間は、いつもよりも少ない筈なのに快適に目覚められました。今までのような空腹感を感じる事も無く、少ない食事量で満足感を得られています。これが続くのならば、勝手にダイエット出来てしまいそうな予感。

一番良かったと感じたのは便の量。半端ないです。便器が一杯。そんなにご飯を食べていないのにコレどっから出て来たの?。思わずほくそ笑みましたさ。凄く悪い顔をしていたと思いますよ(笑)。

断食を止めて2回目の朝を向かえたというのに、ご飯も食べたというのに、体重が更に減っていました。ダイエット効果は合計3キロとなり、どんだけウンコ出したんや?って一人突っ込みです。

ごり押しするならば、顔が小さくなりました。顎が細くなったようです。それは、体全体の無駄な水分。即ち、むくみが取れたのでしょうか?。

断食をすると下痢をする。それは、体の中の余分な水分と老廃物を輩出しているから。

この考え方は否定します。何も食べずに水分しか取らないのだから下痢をするのは当たり前。

夏にご飯も食べずにスイカばっかり食べたら下痢した。

それと同じ原理だと認識しています。また、断食のデトックス効果についても、多くのブログ記事、特に、ダイエット関連商品販売記事のような夢のような体感も得られませんでした。

しかし、快眠と顔のむくみ解消に加えて体重の減少効果だけは実感出来ました。

たった2日間、ご飯を食べないだけでまぁ納得の効果。3日とか一週間とかの断食は危険極まりないと思います。逆に2日間なら、

「月一回くらい休腸日を作っても良いよね。楽だし。」

今は、そう思っています。来月の月末も、やっていると思いますよ・・・多分。

ちなみに断食前の私の体型は中肉中背。メタボ体型ではありません。断食後の体型も中背。体型的には何の変わりも無いでしょう。ただ、神経が研ぎ澄まされて頭がスッキリした感覚はあります。

これまで、お腹が一杯になるまで食べていましたが、それだけは止めて置こうと肝に銘じた体験でした。2日間だけでたが、今ではやって良かったと思っています。2日目はしんどいですが、私はその後のご褒美を想えば耐えられそうです。

腹八合医者いらず!

これに尽きると今は感じています。兎にも角にも、食べ過ぎはよろしくありませんねぇ~(笑)。

※注意!このブログは猫ブログです。ダイエットブログではありません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク