日清 麺職人 とんこつ + 舞茸 でダイエットラーメン

「ちょ、ちょ。」

「いいの、いいの。」

「カップ麺は、まだ早いですよ、お父さん。」

「いいの、いいの、朝だから。」

「夜よりはマシですけれど、今夜はごはん抜きの覚悟で食べて下さいよ。」

「御意!。」

スポンサーリンク

日清 麺職人 とんこつ&舞茸味

「消費期限が近づいているのでカップ麺を食べるのは構いませんが、今日の朝食の材料を教えて下さい、お父さん。」

「えっと、カキとぉ。」

「カキとぉ。」

「水煮のシーチキンとぉ。」

「水煮のシーチキンとぉ。」

「日清麺職人!。」

「だけ?。」

「麺職人の中には、ニンニク一欠片と舞茸50グラムを入れますよ、サヨリちゃん。それよりも、ファイブスピナーは気にならないのかい?。」

「ファイブスピナーは後で考えます。それよりも、どうやって麺職人を調理するのでしょうか?。」

「調理?。そんなのはしないよ、サヨリちゃん。」

「はぁ?。」

「普通にカップ麺の中にニンニクと舞茸を入れてお湯を注いで5~6分ですが・・・何か?。」

「男の手料理というか、全部入れちゃえって感じですね、お父さん。そんなので舞茸とニンニクに火が通るものなのでしょうか?。」

「知らぬ!、分からぬ!、顧みぬ!。」

「聖帝サウザーかよ!。ホントにお父さんはバカなのかワイルドなのか理解に苦しみますよ。お腹を壊しても知りませんから。って、聞いてねーし。」

麺職人+舞茸+ニンニク=美味い!ダイエットラーメン

「出来たよ、出来たよ、サヨリちゃん。」

「お父さん、ただカキの皮を剥いて食べていただけじゃないですか?。時間なんて計って無かったでしょ?。それにしてもカキとかリンゴの皮を剥くの上手ですよね。誰かに習ったの?、ナイフの使い方。」

「それは違うよ、サヨリちゃん。懸垂10回やって、カキの皮を剥いて、カキを食べたんだよ。もう、5分位経ったでしょ。それと、皮むきは子どもの頃に勝手に覚えたよ。自分でやらないとたべら…。まぁ、いっか。」

「ボクはお父さんの事が嫌いではありませんけれど、そういうところの理解に苦しむ事が多々あります。そんなので食べられるの?。」

「いただきまーす。」

「食べられますか?。舞茸は、ちゃんと調理出来ていますか?。」

「うん、美味い!。めちゃくちゃ美味しい、マジ美味い!。でも、ニンニクは半なまだね。少し舌と喉がピリピリするよ。舞茸は煮えているのかどうなのか分からん。まぁ、これくらいで死ぬ事はないでしょう、たぶん。まぁ、美味しいからいいじゃない。今度からは舞茸とニンニク入れて食べよ。舞茸のMXフラクションATフォールドで油分とかコレステロールとかブロックしてくれているはずだから。」

「そうですか。美味しくいただけたのなら結構ですけれど、お父さん。」

「なに?。」

「シーチキンが残っていますよ。筋トレにはタンパク質の補給も大切な作業ですよ。」

「ごめん。お腹がいっぱいになっちゃった。シーチキンは、お昼か晩のタイミングで食べるよ。」

「最近、食が細くなったみたいですね。大丈夫ですか?。無理してませんか?。無理したフリをしていませんか?。」

「そうなんだよねぇ。先月だったら、このメニューに加えて、メロンパンとおにぎりが必要だったよね。そして、無理したフリはしてないから。」

「まだ言うか!メロンパンナちゃん。」

スポンサーリンク