星は付けられず?マックのクラブハウスバーガーをお試し

今度は味勝負!マクドナルド、クラブハウスバーガー

激戦が続くハンバーガー業界。その中でも苦戦を強いられているのがマクドナルド。去年も色々SNSを賑わせたしねぇ。そんな私、数年前までは結構行ってたね、マック。でも、いつの頃からか行かなくなったのにはワケがあります。マクドに行かなくなった理由は味じゃないんだよね。接客態度が頗る悪く感じたから。そんな私がマックへ足を向けさせたのがYouTube。お目当て動画を見る前に幾度と無く挑戦的なCMを見せられたから。だったら、試食してみようじゃないの?。その挑戦状、受けて立ちます。

スポンサーリンク

猫の買い物の帰りにマックへGO!

ランチを餌にブログ仲間の車をアッシー代わりにお買い物。その目的は、わが家の猫様のトイレとかのお買い物。詳しくは、記事を読んで頂くとして、お買い物は恙なく終了。お約束どおり、ご褒美のランチタイムに向かいます。

「ご飯、何おごってくれるの?。」

「何言ってんの?。マックでしょマック。」

ブロガーという人種は情報通なわけで、マックのCMの話で盛り上るのはパブロフの犬。条件反射だ。こんなCM、放っておけるわけが無い。

「あのCM凄いよねぇ~、テレビで見たけど改心したのかな?。」

「YouTubeだって凄いよ、動画見る前に強制マックCMだもん。」

「敵は何処?。やっぱモスかいな?。」

「でもさ、ブログネタになるからいいよね。」

「そそ、ドラえもん鈴は出遅れたから、今回は行っとけって感じだよね」

「記事書くの?。」

「猫ブログだけど書くよ。」

これまで、ハンバーガーの味を完全に無視し続けて来たマクドナルド。どこまで味を進化させて来たのかが今回の焦点。見本と実物とのギャップ差にも興味がある。軽くマックの話題で盛り上がりながらドライブスルーへ。

クラブハウスバーガー テイクアウト

はい。買って来ましたクラブハウスバーガー。店内での写真撮影は遠慮が入るのでテイクアウト。

背の高いハンバーガーはこんな感じで紙に包んでるのが正解。ビッグマックのような紙製の容器に入ってたら食べ辛い。中身がボロボロ零れるから。このタイプにした部分はポイントは高いよね。

クラブハウスバーガー 開封

クラブハウスバーガーの包みを開けるとこんな風に。まぁ、そうなるわ。この部分で突っ込みを入れるほど僕は意地悪じゃない。しっかりしたバンズの弾力と、中から溢れ出そうな具材がこれまでのハンバーガーとは大きく異なる。期待してもいっかな?。良いよね(笑)。

クラブハウスバーガー 開封反転

ひっくり返ったままでは、あまりにも理不尽。180度反転させて再度撮影。これまでのマック製品とは違い、具材の中に芯が入っている感じ。このシャッキリ感は好印象。

クラブハウスバーガー 側面アップ

写真で見ただけでもこれまでのマックとの違いは分かる。では、食べてみた感想を箇条書きにしてみよう。

マクドナルド クラブハウスバーガーを食べた感想

  • バンズの味が大向上!弾力があってモチモチしている。マックの本気度が見えた。
  • レタスがシャキシャキしている。刻みレタスと違ってある程度の大きさを確保しているだけに、レタスの存在感も十分
  • スモークベーコンは厚切りされているので食べ応え十分。味もしっかりとある。大味だけど、その味は大きなバンズががっちりと受け止めてくれる。
  • ハンバーガーは、クォーターパウンダーのハンバーグの味がした。マクドナルドとしては頑張ったと思うが、一般的なハンバーガーの中に入るハンバーグとしては厚さが薄く、ベーコンの主張の方が強く感じる。
  • トマトの存在は大きい。おまけ程度のトマトならいらないけれど、このトマトがスモークベーコンの濃い味を口の中で一掃してくれる役割を担っている。
  • バンズ、レタス、スモークベーコン、ハンバーグ、そしてトマト。全てがこれまでのマックメニューを超えていた。
  • これまでのマクドナルドのハンバーガーだと思って食べると感動を覚えるかも知れない。舐めて掛からない事だ。

色々と褒めちぎってはいるものの、それは、比較対象相手がマック製品に限定しているからだ。この商品を打ち出したのだ。少なくともこれまでのメニューの改善を早急に行うべきだろう。

大きな難点と言えば、クラブハウスバーガーのボリュームと味があれば、ビッグマックの必要性が無くなる。価格が差ほど変わらないからだ。

加えてビッグマックの美味しい版としてのクォーターパウンダーも、その存在意義を失うだろう。価格帯が同じなのだからクラブハウスバーガーしか選択肢が無いとも言える。そうなれば、既存メニューの価格を下げるか、アジを進化させるしか生き残る道は無い。

もう一歩踏み込めば、ハンバーガーから始まる全メニューの材料変更などを余儀なくせざるを得ないのでは無いだろうか?。この点でマクドナルドの将来が心配になった。自ら大きな課題を突き付けてしまったのだから。

さて、星はおいくつ?

マックのCMで「星いくつ」とはしゃいでいる。で、ドライブスルーでお買い物した我々2名。それが何のことやら分からなかった。星ってどうやって付けるの?。心の中で刻めば良いの?。

この記事を書く上で、Twitterやらホームページやらを調べた結果。なんと、クラブハウスバーガーにはスクラッチカードが付いていて、その星を削って星の数を決めるそうだ。

その写真をTwitterにアップすると抽選で5000円分のマックカードをいただけるのだとか。最近、懸賞づきしている私には、もってこいの企画イベント。だがしかし、文頭に書いた問題が発生しました。

スクラッチカードが一枚も入ってませんよ~~~!!!

この理由から星は付けられませんでした。高まった気分が一気に落ち込んでしまった。ハンバーガーの味も大事だけど、クルーの教育はもっと大切だと思います。

この記事をご覧の皆様には、あまりにもお粗末なオチで申し訳ありません。謹んでお詫び申し上げます。

クラブハウスバーガーの評価については、各メディアならびに全国のブロガー様が様々な評価をしています。味に特化して評価をした場合、マクドナルドのハンバーガーとしては間違い無くナンバーワンだったと思います。ご興味がある方は、是非一度ご賞味あれ。その時には、スクラッチカードのご確認もお忘れ無く(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク