キミは、映画「エイリアン」のジョーンズという猫を覚えているかね?

1979年。

日本中が恐怖のどん底に突き落とされた。

「宇宙では、

あなたの悲鳴は

誰にも聞こえない。」

絶望的なキャッチーコピーを持つ、SFホラーの古典であり究極の密室パニック映画。皆さんご存知の「エイリアン」です。


(画像はAmazon)

本作品は劇場公開後、何度もテレビ放送された。

そして、何度も見た映画だった。

そい言えば、エイリアンに出てた猫って最後どうなったっけ?。

そんな矢先、GyaOで「エイリアン」が無料配信されていたのを発見。

猫中心で「エイリアン」を見てみた。

スポンサーリンク

エイリアンに出ていたジョーンズという名の茶トラ猫

若っか、リプリー!、若っけ!。

シガニー・ウィーバー、お肌ツルツルやん!。

エイリアンと言えばリプリーだ。そして、リプリーと言えば猫。ジョーンズはリプリーが大事にしている茶トラ猫の名前である。劇中、エイリアンにどうにかされそうで、どうにもされなかったジョーンズ。最後はどうなったか、みなさんの記憶の中には残っているだろうか?。

自慢じゃないが、ジョーンズの最後が私の記憶の中でも曖昧だった。数十年ぶりにエイリアン。ストーリーは頭の中に刻み込まれているだけに、ジョーンズのことばかりが気になった。

1970年代から80年代のハリウッド映画にはやたらとペットが登場する。そして、彼らの仕事は主人公やその家族の生命の機器を危うくするのが大きな役割である。

「エイリアン」に対するジョーンズの存在も例外では無く、しっかりとその役目を果たしていた。劇中でのジョーンズの活躍は、GyaOもしくはレンタルDVDでご覧頂くとして、結局のところジョーンズは最後にどうなったのだろうか?。

リプリーとジョーンズはシャトルで脱出し、リプリーは人口冬眠装置の中に。リプリーと共に冬眠装置に入る描写は無かったものの、彼女の最後のセリフ、

「おいで」

という言葉から、一緒に冬眠装置の中に入ったと考えるのが自然であろう。

ちなみに、ジョーンズの姿はエイリアン2でも見ることが出来る。

騙された思って見て見て!オススメじゃよ

40年近く前に制作された「エイリアン」であるが、本作を見たことの無い平成の若い世代に対しても十分通用するクオリティだと思う。今ならGyaO「エイリアン【字幕版】」で無料視聴が可能だ。ゴールデンウィークの間にお友達と見ては如何だろうか?。昔の映画も捨てたもんじゃないと思われる事でしょう。

映画「エイリアン」、個人的に一押し作品です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク