【猫雑学】映画「蛇拳」で、ジャッキーチェンの最終兵器は「猫爪拳」

1977年に制作された「スネーキーモンキー蛇拳」は、「ドランクモンキー酔拳」と並ぶコミックカンフー映画のパイオニア作品。この2つの映画作品によりジャッキーチェンが日本での人気を高めるきっかけとなった。ちなみに、蛇拳と酔拳とは姉妹映画の関係にある。


蛇拳 [DVD]

アラフィフ世代オヤジには思い出深い作品でもあるのだ。両作品のヒットに伴い、以後、各局テレビの映画番組では何度も放送される事になる。酔拳はゴールデン洋画劇場で、蛇拳は水曜ロードショーで多く放送されたのも懐かしい想い出だ。

スポンサーリンク

蛇拳の中で最強拳法だったのは猫拳だった

2016_08_15_猫の夜散歩(縄張り争い) (9)

さて、この「スネーキーモンキー蛇拳」の劇中、大きく貢献する動物が登場する。それが猫。蛇拳を使い鷹爪拳挑むもジャッキーは敗北してしまう。

強敵、鷹爪拳に対抗すべく新たな拳法のヒントを与えたのが、猫とコブラとの戦いだった。コブラ=蛇を倒した猫の動きから生まれたのが猫拳。ジャッキーは、蛇拳と猫拳とをミックスしたオリジナル拳法で宿敵鷹爪拳を倒すのだった。

「蛇拳」、「酔拳」共にテレビでの放送はレアだと思われる。しかし、ジャッキー映画に興味を持たれた方は、この2作品だけには目を通して欲しいカンフー映画。ジャッキー映画の原点がそこにはあるのだから。

日本での映画公開は「酔拳」が先であるが、香港で公開されたのは「蛇拳」が先である。一度も見た事が無いのなら、「蛇拳」を見てから「酔拳」を見た方がより面白いだろう。

スポンサーリンク