貞子宛のファンレター 映画「貞子vs伽椰子」予告感想

前略、村山貞子様。

先ほど、ネットニュースで映画にご出演される記事を拝見しました。リングから始まった貞子様の主演作品。全て拝見さしていただいております。

いつもの呪いっぷりに加え、3Dではスクリーンから飛び出される熱演には、驚きを超えて感動さえ覚えさせて頂きました。恐怖を芸術の域にまで引き上げた貞子様の演技力。本当に素晴らしいの一言でございます。

スポンサーリンク

貞子への手紙

今回の作品は伽椰子様との共演と言う事で話題になっていますね。海を越え米国では、スーパーマン様とバットマン様との共演が実現されましたから、もしやとは思っていました。

昨年夏に放映された伽椰子様の映画のラストでの井戸の一コマのお噂は当然ながら、私の耳にも入っております。貞子様と伽椰子様との共演のフラグが立ったのかと、もう一度、貞子様をスクリーンで見る事が出来るのかと。自分の中の妄想が大きく膨らみ、年甲斐も無く動揺してしまいました。

ところがマニアの方のお話では、

「黄色い文字だけを読むと、エイプリールフールになる。」

という新解釈がネット上に流れ、井戸の中の貞子様へのオファーは嘘だったのでは?。そんな、要らぬ心配すらしてしまいました。インターネットは3Dの段階で、貞子様の縄張りでございますから、ネットでの噂も、もしかしたら貞子様の仕業だったのでしょうね。

さて、今回の夢の共演につきまして、些か問題が発生しております。というのも、貞子様と伽椰子様という2大ビックネームが並ぶのです。そして、私のように貞子様に心を焦がすファンもおります。一方では、伽椰子様にもファンの方が多数いらっしゃいます。そこで、

「おれ、貞子。お前はどっちのファンやねん!!!。」

と、子供たちの間で些細ないざこざが絶えません。先日、小学校で行われた子ども会の連絡協議会でも、この話題が議題として挙げれました。かつてのピンクレディブームを彷彿させるかのようなフィーバーぶりに、嬉しい反面、お二人のイメージダウンに繋がらないかと心配もしております。

それに加え、「貞子vs伽椰子」にあのデーモン閣下様も加わると言う非常事態。二つの呪いに悪魔参戦という地獄のトライアングル。その渦中に巻き込まれる山本美月様の安否が心配で、心配で・・・。あっ、貞子様が心の一番なのですが、最近の美月様も益々お美しくなられて・・・いやはや・・・トンコ先輩が・・・。

それはさて置き、何と申しましても、貞子様と共演された若手女優は、将来大女優として名声と富を得るという。いわゆる、貞子呪いのジンクスとう都市伝説がございます。

『アンタが美月かい?私の屍を乗り越え行きなっ!。』

貞子様の愛情の籠ったお言葉で、美月様も大女優への階段を登られるのですよね。

過去に共演された、松嶋菜々子様、竹内結子様、中谷美紀様、深田恭子様、仲間由紀恵様など、みんさんがそうでございますから、きっと美月様の将来もご安泰の事でしょう。

新作の予告編、YouTube動画で拝見させて頂きました。「リング」と「呪怨」との世界観が見事にシンクロしている映像。予告だけでも身の毛がよだつ思いでございます。貞子様はドS気質でございますから、劇場ではこれまで見た事の無い鬼ドSぶりに期待しております。

また、ビデオ時代には7日でした呪いの期日が2日間に短縮されていましたね。これは映画制作上での大人の事情なのでしょうが、呪われた側はの2日間という時間は、なにかしら心もとない感じがしました。将来的に更に呪いのリミットの短縮もご予定にあるかとは思いますが、ほんの少しだけ呪われた方々の事も気に掛けてあげて下さいね。

予告動画でホッとした部分もありました。3Dで激しく暴れていた「出来損ないの貞子」の姿は見られなかった事です。今まで貞子様に隠して来た事があります。ですが、今日は正直に申します。私、出来損ないの貞子が嫌いでした。何を考えて監督はこの設定を承諾したのか。さっぱり意味が分かりませんでした。貞子は、心の芯からゾワっさせるのが真髄。見ている観客を引きずり込むような恐怖が貞子の神髄。そこが分かって無いんだよなぁ、あの監督は。貞子様の魅力を100%引き出せる監督と脚本が今後のテーマじゃないのだろうか。それは私だけでなく、リングからのオールドファンなら少なからず思ったに違いありません。

「もっと、もっと、本来の貞子様へ尺を!。」

そんな思いで過ごしておりました。しかし新作では、貞子様の魅力が存分に映し出される予感がして軽くワクワクしております。監督も白石晃士様に変わられたので、物凄く期待値のハードルを上げております。とにかくSシリーズは酷かった・・・。

私の話はこれくらいにして、ひとつ心配な事があります。

貞子様も伽椰子様もストレスを心の中に貯めこむタイプ。そのストレスがマックスに達した時、スタッフへの悪影響は計り知れません。毎回、数名の尊い命が危険に晒されています。貞子様に至っては、スタッフどころか部外者へも被害を広げてしまいます。先日なんて、貞子様。ニコ生で井戸シーン放送しましたよね、生で。

あの放送、どれだけミヤネ屋で叩かれたか知ってますか。

「こういっちゃ何ですが、貞子さんて無茶しますわぁ~。無茶ぶりでは、たかじんさんよりも上とちゃいますか。」

って、色んな人を引き合いに出してのバッシング。お昼のバイキングなんて、貞子様を出汁にして伽椰子様の特集やってました。一途な伽椰子に比べて、貞子は不特定多数派で見境無くやっちゃう女。って。

私だって腹が立ちます。立たないと言えば嘘になります。ですが、伽椰子様は貞子様よりも銀幕デビューは後なのです。ですから、貞子様だけでも大人になって伽椰子様を暖かく見守ってあげて下さいませ。そして、せめて生放送だけは止めて下さい。お願い致します。

長々と書いてしまいましたが、貞子様、井戸から這い上がるシーンを楽しみにしております。貞子様の今後の御活躍を陰ながら応援いたしております。

乱筆乱、誠に文失礼致しました。

追伸。

お岩様やお菊様からの共演オファーの件は、恙なくお決まりになられたのでしょうか?。何分、お相手が大御所様でございます。今後の貞子様の活動に支障が出まいかと心配しております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク