素質の問題?・・・普通の猫とタレント猫との差

2016年5月29日(日)放送の「この差って何ですか?(TBS)」。言われると気になるこの差ランキング6位が、

「普通の猫とタレント猫との差」

テレビに出ているタレント猫。普通に猫だし、うちの子と何の変りもないじゃない!。全ての猫ちゃんの飼い主は思っているのでは?。少なくともうちの子だってタレント猫の資質はあると思うのですよ。では、タレント猫とうちの猫との差を比べてみましょう(笑)。

スポンサーリンク

普通の猫とタレント猫との差

普通の猫とタレント猫の差は「性格」

タレント猫に要求されるのは性格なのだそうです。猫は元々臆病な性格で、場所が変わると隠れてしまたり、おどおどしたり撮影に向かいない動物。ですから、場所が変わっても物怖じしない性格の猫がタレントとしてドラマや映画に起用される猫なのだそうです。

わが家の猫様、場所が変わると私に抱き着いて離れない子。その点では、タレント猫には不向きなようですね(笑)。

ちゅーるタイム終了(アップ)

タレント猫と比較される、普通の猫の写真がキジトラ猫というのは如何なものかと(笑)。

おまけ:目の下にクマのある人と無い人との差

ちなみに目の下のクマが出来る人と出来ない人との差は、

目の周りの筋肉が衰えているかどうか

なのだそうです。目の周りの筋肉(眼輪筋)が衰えると結構が悪くなり血行不良が原因。さらに、眼輪筋が衰えると筋肉がたるみ目の下に膨らみが出来ます。その膨らみの陰により、より黒く見えるのです。読書やネットに没頭する人は無意識に目が開きっぱなしとなり、眼輪筋が衰えるのです。狐の顔を真似る時のように手で目尻を吊り上げて瞼をしっかり閉じてパッと開く。この運動を5回すると眼輪筋のエクササイズになるそうです。目を閉じる時間は5秒ですよ(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク