月曜から夜ふかし(再)で見た怖い話

「えっ?。」

「マジか!。」

「これって本当の話なのでしょうか?、お父さん。作り話にしては出来すぎ君だとも思いますけれど。」

「でもさ、サヨリちゃん。天下の警察が目撃しているのだから本当じゃないかな?。」

「夢とか幻覚とか見たんじゃないですか?、お父さん。一般市民の走行車両を止めさせたのですから、調書としての記録は残りますよね。」

「そりゃそうだろうね、サヨリちゃん。調書は記録だから残ると思うよ。それと、パトカーには2人以上乗っているはずだから、夢とか幻覚とかは無いと思うよ。案外、こんな感じの話って、全国の調書を調べてみたらたくさん出て来そうだよね。」

「でも、お父さん。飛行機のパイロットは、未確認飛行物体を目撃した事を報告すると・・・。」

「その話はやめといた方がいいよ。僕らに火の粉が降りかかる可能性もあるからね。」

「あ、そうでした。で、かれこれ怖い話を引っ張っていますが、そろそろどんなお話だったか書いた方が良いですよ。」

「でもね、深夜に読むのは避けた方がいいかも。ウォーーーーーーン(パトカーのサイレン)」

スポンサーリンク

パトロールカー

「はい、舞台は作りましたよ、お父さん。どんなお話だったのか説明して下さい。」

「はいよ、サヨリちゃん。」

これは、平成29年10月29日に再放送された「月曜から夜ふかし」の中で一般女性が体験した怖いお話です。

深夜、仲間たちとのドライブの途中、私たちの自動車はパトカーに止められた。

「何をやっているんだ!。」

警官の第一声は、剣幕から始まった。私たちは、予期せぬ出来事にパニック寸前。しかし、警官の次の一言で私たちは凍りつくことになる。

「どうして女の首を引きずって走っているんだ!。」

警官たちは、私たちの乗る車が女性の生首を引きずって走っていたというのだ。もちろん、我々には思いつく節は一切無かった。

その後、自動車をいくら調べても女の首は見つからなかった。もしかしたら、女の霊を引きずって、私たちはドライブしていたのかも知れません。

「にゃーーーー!。」

「にゃーーーー!、じゃねーよ。こっちがビックリしたわ。」

「だって、月曜から夜ふかしでは、もっとフランクに会話していたじゃないですか!。そんな書き方をしたら、時間によっては怖くておトイレに行けないじゃ無いですか!。」

「そんなん関係ないやん、サヨリちゃん。キミのおトイレは目の前やん。お父さんは、キミのトイレで寝泊まりしている気分になる時がたまにあるよ。」

「あ。」

「あ。じゃねーよ。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク