本気 VS 遊び!あみぐるみの鏡もち

「お鏡さんですね、お父さん。」

「お鏡さんだね、サヨリちゃん。」

「でも、これって力入りすぎてませんか?。」

「Naru姐さんが注文された鏡もちなんだって。」

「誰にですか?。」

「知らんわ。」

「Naru姐さんって、プロなの?。」

「タマタマなんじゃな~い?。」

スポンサーリンク

手編みのお鏡さん

本気モード

「お鏡さんって、この角度からみると宇宙空母みたいですね、お父さん。」

「お父さんも、そう思ったよ。白いし鶴がいるからなんだろうね、ホワイトベースが頭を過ぎったよ。ガンダムが出てきそうだよね。」

「しかしながら細かい作業ですよね、お父さん。やっぱ、こういうのは、お父さん向きではありませんね。粘土を捏ねている方がお似合いですよ、にゃ、にゃ、にゃ。」

「自分でも・・・そう思う。こいう細かいのは無理だわ・・・。という事で、Naru姐さんの本気はこっちのお鏡さんね。」

「お遊びモードのもあるの?。」

「あるよー。」

「HEROのお店のマスターかっ?。」

遊びモード(サヨリちゃん用)

「こ・・・コレはっ!。雪だるまっ!。」

「違うだろ!?。」

「冗談はさて置き、途中までは本気モードと同じですね、お父さん。」

「これを見た人がいて注文が入ったんだって。という事で、これはサヨリちゃんへのクリスマスプレゼントだそうです。」

「ありがとにゃ。」

「メリ~クリスマ~ス!!。」

「本気と遊びを並べてみたよ、サヨリちゃん。」

「ジムとガンダムみたいですね。『ザクとは違うのだよ。』って言われている感じがします。」

「ベースは同じなのだけれど、パーツ装飾が加わると大きく変わるものだよね。」

「このお鏡さんは、サヨリちゃんのコタツの上に置いておくね。気が向いたら頭の上に乗せるから。」

「な・・・何だとぉ!!!。」

スポンサーリンク