樹脂粘土でお肉を作ろう!

ハンドメイド

「何ですか!、お父さん!。お・・・お肉じゃないですか!!。高まるぅ~。」

「そうだよサヨリちゃん、お肉だよ。粘土だけれど、お肉だよ。」

「それ、どうやって作ったの?。」

「グレイスとダイソーの樹脂粘土を混ぜてたら出来ちゃった。」

「爽やかですけど、お父さん。いい加減な表現ですね、出来ちゃったって。」

「だって、出来ちゃったのだから仕方が無いよ。」

スポンサーリンク

樹脂粘土でお肉は、何となく出来ちゃいます

「最初に出来たのはブロック肉だよ、サヨリちゃん。白と赤の粘土を適当に捏ねてたら出来ちゃった。でね、これを切ったら霜降れるんじゃね?。って思ってカッターで切ってみたら・・・お肉が出てきたよ。」

「それにしても沢山作っちゃいましたね、お父さん。」

「ほら。お父さんの粘土って5円玉サイズのお皿に盛り付けるじゃない?。少し作っただけでも沢山出来ちゃうんだよね。粘土を捨てるのも勿体無いからストックとして作ったよ。」

「だったら、ラップに包んで次回に持ち越すとか、しっかり混ぜて薄い赤色の粘土にするとか、打つ手はあったと思うんですけど?。」

「あっ・・・。気にしない、気にしない。ひと休み、ひと休み。」

「一休さんかっ?。」

「こっちのお肉は何になるの?。」

「あ~、これはワンピースの宴会とか、ドラゴンボールのお食事会とかに出て来るお肉だよ。」

「骨の付いた大きなお肉に塊ですね、分かります。でも、そんなお肉は現実には存在しないようですね。」

「そうらしいね、サヨリちゃん。それだけに夢があるよね。大きな骨付き肉って。」

「ところで、お父さんのダイエット企画は一区切り着いたんですよね?。ダイエット中のストレス解消出来たのでしょ?。」

「お正月にカロリー摂取したからね。少し自粛しないといけないね。という事で、ストレス解消の意味もあってお肉を作ったんだよ。どうせ、いつかは作る事になるだろうからね。」

「ストレス解消も込めたお肉ですか。普通に食べても太りはしないと思いますけど。ビビリですね。」

「ビビリくらいで丁度いいと思うぞ。気がつけば・・・ぽっちゃり。というパターンが多いそうだからね、サヨリちゃん。」

「このお肉、最終的にどうなるの?。」

「良い感じに仕上げようと思うよ。ってか、仕上がっているけれどね。」

「仕事早っ!。」

「これから一品ずつの記事を書くつもりだよ、サヨリちゃん。」

「7記事先までネタは揃ったって事ですね。ところで・・・。」

「ところで?。」

「最近、ボクの出番が少なく無くね?。」