樹脂粘土でワンピースの肉

ハンドメイド

「しばらくお肉のお話ですね、お父さん。」

「せっかく作ったお肉だからね、サヨリちゃん。」

「今回の主役は骨の付いているお肉ですか?。」

「そうそう。現実に存在しないらしいワンピースのお肉だよ。」

「お父さん、ワンピースの骨付き肉はひょうたん型ですよ。」

「はっ!マジか・・・。」

「ワンピースの知ったかぶり?。」

スポンサーリンク

樹脂粘土でマンガ肉

「しれっとワンピースからマンガ肉に変えましたね、お父さん。」

「だって・・・。」

「まぁ。良いですけど、こっちのは盛り合わせですか?。」

「そうそう。焼肉の盛り合わせのイメージだよ。実際に叙々苑とかで注文したらいくら位するんだろうね?、サヨリちゃん。」

「このお肉の原価は幾らくらいですか?。」

「えっと・・・材料費は30円くらいかな?、知らんけど・・・。」

「道具一式を揃えて、一から作ろうとしたらいくら位ですか?。」

「粘土とニスと筆くらいあれば出来るから、初期投資は1,000円以下じゃない?。ちなみにニスは500円くらいのを買ったのだけれど、ダイソーでニスが販売されているらしいよ。UVレジンでも代用可能みたいだし。」

「これって、お肉のブロックに茶色の樹脂粘土を被せただけ?。」

「骨も作ったし。」

「これって、お肉のブロックに茶色の樹脂粘土を被せて骨を付けただけ?。」

「そうだよ、サヨリちゃん。お肉のブロックに茶色の樹脂粘土を被せて骨を付けただけだよ。10分位でつくれるよ。」

「意外と簡単なんですね、お父さん。」

「簡単だよ、サヨリちゃん。最後にニスを塗って仕上げると良い感じになるよ。」

「野菜はどうやったの?。」

「野菜はダイソーの緑の樹脂粘土にグレイスを混ぜて作ったよ。どれもこれも偶然の産物だよ。」

「狙って作っているワケでは無いのですね。」

「すんません。同じものは二度と作れないわ。」

「マンガ肉の他に色々作っていますけど、大変だったでしょ?。」

「全然大変じゃないよ、サヨリちゃん。最初にブロック肉を作って、茶色の粘土で包めばローストビーフが出来るでしょ?。骨を付けてればマンガ肉。ブロックをカッターでカットすれば霜降り肉が出来るんだ。お肉を初めて作ったから分量が分からなくてね、同じものばかり作ってもアレだったからバリエーションを増やしてみたんだよ。」

「全てはここから始まったと?。」

「そうそう。フェイクフードって、お料理が出来る人にとってハードルが低い分野だと思うよ。逆にお料理が苦手な人にはハードルが上がるだろうね。」

「にゃんで?。」

「材料とか作り方が頭に入っているのなら、そのとおりに粘土で材料を作って、その材料でお料理を作れば良いだけだから。作った材料で別の料理も作ることだって簡単だしね。」

「そうなんですかぁ~。今度はお寿司とか作って欲しいですニャ。」

「お肉シリーズが終わったらね。でも、お寿司はバリエーションが多いから大変そうだなぁ。」

「最初はトロから作ってにゃ。」

「はいはい。」