ベタですが、樹脂粘土で子猫(キジトラ)を作ってみたよ

「盛りましたねぇ~、お父さん。」

「盛りまくったよ、サヨリちゃん。」

「正直なところ、そっちへ走るとは思いませんでした。」

「お父さんも、そっちへ行くつもりは無かったのだけれど。みんなが言うから・・・。」

「何て?。」

スポンサーリンク

粘土の仔猫は簡単に出来ちゃうからやってみて

「ブログには掲載していませんけれど、今まで何体も猫の置物を作って来ましたよね?。何で一番避けていた形を作ったの?。」

「お父さん的に避けたかったパターンがこれだったんだよ。でもね、」

「でもねと!。」

「こっちを求められるんだよね、現実問題として。」

「まぁ、最初から『可愛いの』ってリクエストは多かったですからね。」

「こういうのって、既にネットで蔓延しているデザインだからね。もっと、癖のあるニャンコを作りたかったんだよね。」

「でも、簡単に出来なかった。ですね。」

「だから、簡単に作れる可愛いタイプとこれまで作ったフェイクフードを組み合わせて誤魔化そうかと。」

「パンが並ぶとグレードアップしますね、お父さん。」

「100均のミニボトルのフタに付けても可愛いかな?。」

「これもイケそうですね。」

「それを発展させたらこうなったよ、サヨリちゃん。」

「猫のパン屋さんですね。」

「サヨリベーカリーだよね。iPadで撮影して画像加工すると良い感じに出来るね。」

「恐るべし!iPad。」

「このお粘土ニャンはこれで終了ですか?。」

「いや、いや。」

「猫食パンを土台にしたの?。」

「そうそう。安定性がアップするから猫食パンを土台にして、クリームパンを持たせて、目玉焼きを耳飾りにしたよ。」

「ゴージャス感が上がりましたね。」

「耐久性が弱いから、非売品だし誰にもあげられないけれどね。」

「ここで一つ。お父さんに言いたい事があります。」

「何だい?。」

「ぼかぁ~、男の子なんだなぁ~。」

「良いじゃん。もう、諦めなよ。それと、このニャンコのイメージはコレね(笑)。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク