【12分の1】樹脂粘土で火憐&月火髪飾り風の目玉焼き【ミニチュア】

「つづきですね、お父さん。」

「づづきだよ、サヨリちゃん。」

「ココに来て、この目玉焼きを作るなんて。何は良い事でもあったのかい?。」

「そんな事は無いのだけれど、目玉焼きを作る予定は初めからあったのだけれど、ちょうど今ね、偽物語がAbemaTVで放送されているんだよ、サヨリちゃん。

阿良々木火憐ちゃんと阿良々木月火ちゃんの髪飾りというのが、目玉焼きをモチーフにしたものでね。動画配信を見ながら目玉焼きを作ってみたら、直ぐに出来ちゃったってワケ。予想を遥かに越えた簡単さだったよ。」

「これは簡単そうですものね、お父さん。髪飾り風の目玉焼きは理解できましたが、隣に転がっている大きい目玉焼きは気まぐれですか?。」

「それは焼き目を付ける為の作ったものだよ、サヨリちゃん。」

「焼き目ですか?。」

スポンサーリンク

目玉焼きは焼き目があってこそだよ

「これはファイヤーシスターズの髪飾りをそのまま作って見たのだけれど、サヨリちゃん。」

「見たのだけれど?、お父さん。」

「焼き目を付けると、よりリアルに仕上がるんだよ。」

「目玉焼きっぽく見えますね、お父さん。」

「さらに。」

「その先が?。」

「黄身の色を変えると、っぽさが更に良くなるっしょ?。」

「ホントですねぇ、お父さん。目玉焼きっぽく見えますよ。ネットでは、パンの上に目玉焼きが乗ってますよね。それも出来ちゃうんじゃないですか?。」

「そう来ると思ってね。食パンも作っておいたよ、サヨリちゃん。」

「食パンだ。それも猫耳食パン!。ネコパンですね。」

「そうだ。このネコパンの上に目玉焼きを乗せるとぉ~!!!!!。」

「おとうさん小さいです。ネコパンが小さくってバランス悪いです。」

「・・・。」

「パンが小さいです!。小さ過ぎます。」

「・・・・。」

「非常に惜しかったですけれど。このパンは作り直しですね。」

「だな・・・。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク