【12分の1】樹脂粘土で猫耳おにぎり【ミニチュア】

「目玉焼きを作りながらパンを作って、さらにおにぎりですか?、お父さん。アンタ、どんだけ平行作業しているの?。」

「やれる時はまとめてやるのがお父さん流です。参ったか!。」

「猫耳パンのサイズ設定は間違っていましたけれど、おにぎりは大丈夫ですか?、お父さん。」

「サヨリちゃんも、まだまだだね。これ、おにぎりじゃ無いんだなぁ~。」

「にゃ?。」

スポンサーリンク

猫型ライス、カレー用

「これはおにぎりじゃ無くってね、カレーのライス部分に使うんだ。」

「まさか・・・。」

「そのまさかだよ、サヨリちゃん。」

「『かけると思ったら、かけへんのか~い!』のカレー版ですか?。」

「カレーでもシチューでもハヤシライスでもイケるでぇ~。フッフッフッ。」

「体の部分も作るの?。」

「体の部分って言っても、それは直ぐに出来ちゃうからね。大きな問題はありません。むしろ問題はカレーだよ。作ったことも無ければ、作り方も知らんからな。」

「なんか関西弁になってますけれど、お父さん。カレー皿も必要なんとちゃう?。」

「せやった、せやった。カレー皿も作らんとな。」

「じゃ、この猫ライスの完成はまだ先の話ですね、お父さん。時間持たせにおにぎりも作っておけばよかったのに。猫よりも簡単でしょ?。」

「作ってるでぇ~。ワイの仕事に抜かりはあらへんで。」

「ニャイス!。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク