深夜の咳が止まらない!そうだ即効効果のツボを押そう

「ゴホッ、ゴホッ、ゴホッ…。」

「咳が辛そうですね、お父さん。うるさくって眠れないんですけれどぉ。」

「ごめ、ゴホッ、ごめんね、サヨリちゃん。急に寒くなったから、体調を崩したのかな?、ゴホッ。」

「お父さん、速攻で咳が止まるツボを知っていたでしょ。そこを押せばチャクラの流れが変わりますよ。」

「ナルトかっ、ゴホッ。」

「それを言うなら、今はボルトですよ!。」

スポンサーリンク

深夜の止まらない咳に効くツボ

「チョットどいてくれないかな?、サヨリちゃん。腕のツボを押すから。」

「仕方がありませんね、さむいのだから早くして下さいよ、お父さん。」

「ゴホッ、それよりも、サヨリちゃんに風邪とか移らないのかな?。」

「そんなの知りませんよ、そういえば、猫インフルエンザが人間に感染した事例はありましたね。」

「どっちも怖いわ。」

「お父さんがモミモミしているツボって名前はあるの?。」

「尺沢(しゃくたく)って名前の、ゴホッ、ツボだよ、サヨリちゃん。腕を曲げるとシワが出来るのだけれど、そのシワの辺りに腱があってね、ゴホッ、その近辺を指圧してあげると咳が止まるんだよ、ゴホッ。」

「本当ですか?、お父さん。」

「ホントもウソも咳が止まるのだから仕方ないじゃん。」

「何で?。」

「咳というのは、気管支の所の気道が狭くなって咳き込むんだって。尺沢のツボを押すと、その気道が広がって呼吸が楽になるそうだよ。結果的に咳が止まるんだってさ。」

「それはそうと、お父さん。」

「は?。」

「もう、咳は止まっていますよ。はぁ〜〜〜〜、眠いです。」

「ホントだ。」

「じゃ、寝直しましょう。」

「寝よ、寝よ。おやすみ、サヨリちゃん。」

「お父さんも、また明日。zzzzzzz…..。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク