焼肉感満載!ほっともっと ~漬け焼き~牛カルビ重を試食

去る2016年8月23日(火)。この日のランチメニューは決まっていた。ターゲットは、8月12日に新発売された「ほっともっと~漬け焼き~牛カルビ重(590円/742kcal)」。牛キャベ丼、焼肉ビビンバ、牛カルビ重と、今年のほっともっとは牛肉系弁当へ力を入れているようにも見受けられる。新商品牛カルビ重は新たな新境地を見せてくれるのだろうか?。

ほっともっと、焼肉ビビンバ2016(卵)

牛カルビ重は、私の中でのナンバーワンである焼肉ビビンバを超えられるのかにも注目だ(笑)。

スポンサーリンク

~漬け焼き~牛カルビ重

漬け焼き牛カルビ牛2016(1)

「食欲直撃、牛カルビ!」。

一見不要にも感じる1枚の紙に書かれたメッセージからも、ほっともっとの気合が見える。

漬け焼き牛カルビ牛2016(2)

漬け焼き牛カルビ牛2016(3)

チラシを取り去ると、そのには一面に敷き詰められた肉、肉、肉。わたしの若い頃、こんな弁当は無かった。仮にあったとしても590円という価格は実現出来なかっただろう。容器の側面に目をやると、普段のほっともっとの弁当の高さとは明らかに違う。

「どんだけ入ってんの?。」

それが牛カルビ重に対する第一印象だった。

牛カルビ重の写真

まずは、牛カルビ重の写真をご覧ください。美味しいものは見た目も美味しいものです(笑)。

漬け焼き牛カルビ牛2016(4)

漬け焼き牛カルビ牛2016(5)

漬け焼き牛カルビ牛2016(6)

漬け焼き牛カルビ牛2016(7)

漬け焼き牛カルビ牛2016(8)

漬け焼き牛カルビ牛2016(9)

漬け焼き牛カルビ牛2016(10)

漬け焼き牛カルビ牛2016(12)

漬け焼き牛カルビ牛2016(13)

牛肉のボリュームは写真のとおり。ごはんの上に敷き詰められた肉。それ以前にタレの香りで胃袋もスタンバイオッケー!。

漬け焼き牛カルビ牛2016(14)

漬け焼き牛カルビ牛2016(15)

牛肉メインなので付け合わせはこじんまりとしている。キムチがあるのは嬉しい誤算。ほっともっとのキムチ、わたしは好きなんですよね(笑)。

漬け焼き牛カルビ牛2016(16)

漬け焼き牛カルビ牛2016(17)

その証拠と言っては何だが、別途キムチを購入していたのも事実。少々朝のお通じが悪かったので、キムチも合わせて頼んでいたのだ。これに納豆があれば最高なのだが・・・。

牛カルビ重試食感想

漬け焼き牛カルビ牛2016(11)

この弁当を食べ終えた後の感覚は焼肉そのもの。個人的に牛カルビ重を2個あればしばらくの間、焼肉は要らない。無性に焼肉が食べたい、でも、一緒に食べてくれる人がいない。そんな時に絶対重宝するメニューだと思う。

一口食べたら、次から次へと箸が進む感覚に囚われながら、

「これはお茶じゃなくってコーラやな・・・。」

そんな事も考えていた。高カロリー食に高カロリードリンクの組み合わせ。些か問題ではあるが、美味しいものは体に悪かったり高カロリーだったりするもの。ならば、一日食事を抜く覚悟で食べるのなら全然アリだと思う。1,000円足らずで出来る贅沢として考えれば良いのだから(笑)。

ただ、この考え方は中高年が行う事であって、育ち盛りや若い人たちは好きなだけ頬張ればよいのです。こればかりは若者の特権なのですから。という事で、若い衆への差し入れは、このお弁当にしようと思います。これなら絶対にクレーム出ないわ(笑)。

ちなみに、焼肉ビビンバと牛カルビ重とを食べ比べた結果。刺激的という点が勝って焼肉ビビンバに軍配が上がりました。しかし、ピリ辛の刺激が嫌いな方には100%牛カルビ重をお奨めします。

牛カルビ重は、食べる人を選ばないという点で優れています。この観点から見ても、差入れなどの目的であるのならば、牛カルビ重は優秀なお弁当では無いのでしょうか?。

肉喰った!。

この満足感が十分にありました(笑)。

スポンサーリンク