小さな小さな支援活動!五木「拉麺豚骨道 熊本」でお昼ご飯

グルメ

「今日のお昼、何食べる?。」

社会人のランチタイムでは日常的に交わされる会話。誰が言い出すも無く、

「そんなら、熊本でしょ!!。」

これで即決。

それ以上の言葉は要らない。

熊本県・大分県産の何かが無いかと二人のおっさんがスーパーへ買出しに出ました。

スポンサーリンク

五木 拉麺豚骨道 熊本

五木 拉麺豚骨道 アイキャッチ

普段買い物などをしないおっさん二人組。食材に対する知識の欠片も持ち合わせてはいません。

「熊本ってなんよ。」

「熊本ラーメンっしょ!。」

そんな会話をしながら、インスタントラーメンコーナーへまっしぐら。スーパーでは熊本地震支援を意識してでしょうか?。ラーメンコーナーの目立つ場所に五木食品の商品が陳列されていました。その中からパッケージに大きく「熊本」の文字のある拉麺豚骨道 熊本をチョイス。

五木 拉麺豚骨道 製造業者

念のため、製造者の住所を確認します。熊本県熊本市南区城南町。確かに熊本県です。限られたお昼休み時間ですから、さっとカゴに入れてレジへ直行。すぐさま事務所へ引き上げました。

ちなみに価格は398円(税抜)でした。

調理は簡単、2分30秒!

五木 拉麺豚骨道 中身

金色の豪華なパッケージを開けると棒状の乾麺と4種類のスープの素が入っています。インスタントラーメンとしては手が込んでいますね。

五木 拉麺豚骨道 麺

麺の断面は長方形をしています。福岡県の棒ラーメンと同じ感じなのでしょうか?。

五木 拉麺豚骨道 調味料

鍋の水を沸騰させて麺を入れて2分間、麺をかき混ぜながら待ちます。

五木 拉麺豚骨道 調理開始

その後、

  1. かやく入り粉末スープ(30秒加熱しながら混ぜる)
  2. 本格スープ(火を消して混ぜる)
  3. 自社製造調味料
  4. 焦がしにんにく

の順番でスープの素を入れて行きます。

五木 拉麺豚骨道 完成&鍋

加熱時間は2分30秒。カップラーメンと同等程度の手間で料理可能です。おっさんでも、ラーメン作りは楽勝でした。

五木 拉麺豚骨道 完成

本当ならば、ラーメンをどんぶりに移して、

  • 細ネギ
  • ゆで卵
  • チャーシュー
  • 海苔

などをトッピングすれば立派な家庭料理。ですが、いかんせん二人のおっさんなので、鍋喰いで申し訳ありません。ダイナミックな奴らだなぁ~と思って頂ければ心の支えになります。

五木 拉麺豚骨道 完成&箸

ちゃっちゃと作った拉麺豚骨道 熊本。美味しかったですよ。最近の製麺技術は恐ろしいものです。麺がもっちりシャキシャキしていて歯ごたえ十分。パッケージ裏の調理時間2分30秒ですが、バリ硬好きな私は2分で火を止める方が良かったようです。次回は2分調理にしようと思いました。

コクのあるスープも文句無しの美味しさでした。ニンニクの存在感がもっと感じられれば個人的に大満足。ラーメンを食べた後の残りスープを飲み干してしまいました。このスープだったらおにぎり1個買っとけば良かったと後で後悔しました。五木 拉麺豚骨道 熊本を食べたおっさん二人の評価は、

「来週も喰うか?。」

でした。何気に気に入ってしまった模様です。ですが、スーパーには五木のラーメンシリーズが他にも数種類ありました。まずは、全種類のラーメンを制覇してからですね(笑)。他にも熊本県、大分県産でお昼ご飯で食べられる食材を探してみようと思います。

スポンサーリンク

五木 拉麺豚骨道まとめ

熊本地震のような大災害に対して、個人に出来る事などたかが知れています。しかし、毎日の食事に使う材料を熊本産、大分産に切り替える事は誰にでも出来ます。

たった1人なら吹いて飛ぶような小さな流通料ですが、何十万人、何百万人の力が合わされば、必ず大きな力に繋がります。小さな小さな支援活動ではございすが、継続的に続けて行きたいと思います。