猫とアイボンと花粉症

猫の日の次の日。

アイボンを買うべくレディ薬局へ自転車を走らせた。もうね、春一番ですか?。なんですかぁ?。春の風物詩、花粉症の症状が出始めて目がショボショボ。今のうちに対策しておかないと、後で大変な事になりますよ!。幸いにも私の花粉症さんは軽症。なので、早めのアイボンとマスクで何とかなるのです。否、何とかしていると言うべきでしょうか?。そんな今年のアイボンは、「【第3類医薬品】アイボンWビタミン」です(笑)。

スポンサーリンク

猫とアイボン

兎にも角にも、何かを買ったらわが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)と記念撮影。慢性的記事ネタに困っているのでサヨリちゃんとのツーショットはお約束。過去に書いたほっともっとの記事とかも、サヨリちゃんの姿が無いので何か変。何が変かと言えば全体的に変なのです。キジとらは猫ブログの体(てい)があるからね。記事の内容にサヨリちゃん無くしてはキジとらは成立しません。という事で、アイボンとニャンコは無関係な存在ですが、サヨリちゃんとのツーショットで記事ネタとしてぶち込みます(笑)。今後はアイボン記事のようような無関係なコラボ記事が多発すると思います。よろしければ、キジとら常連のみなさんはTwitterなどで改善点を指摘して頂ければ幸いです。

さて、アイボン。

「何でアイボン?。」

「目薬じゃダメなの?。」

「はい、ダメなんです。」

「だって、私は自分で目薬をさせない人だからぁ~ ^^;。」

そんなアイボン。

100mlサイズと500mlサイズとの2種類が存在します。

その2種類が悩みのタネ。

「どっちにしようか・・・。」

そう、いつも薬局のいつもの陳列棚の前で考え込んでしまうのです。だって、容量は5倍なのにお値段は100円くらいしか変わりません。だったら500mlへ手が伸びます。伸びてしまいます。ですが、私は500mlサイズを使い切れた事がありません。3日ほどアイボったら、症状が軽くなるのでアイボンを使わな無くなってしまうから。なので役目を果たしたアイボンの容器の中にはもの凄い量のアイボン液が残ってしまうのです。また使えば良いじゃんと思いつつ、1ヶ月も経てば逆に怖くて使えない。目に入れて使うものですから何かあったら大変です。

なのでミニサイズで上等とおもいつつも、でもやっぱり今回は沢山必要になるのかも知れない。そんな思考回路が働いて、ずっとアイボンの前で思案してしまうのです。悩みに悩んで30分。お得感は無いものの、残りを捨てるのも勿体無いのでミニアイボンにしました。1年ぶりのアイボンの効き目は効果覿面で、一発で私の瞳にやる気を取り戻してくれました。ショボった眼球も復活して気分爽快。期限の迫った仕事があるのでエンジン全開で頑張りまっしょい!(笑)。

目の調子もよろしくなったので、最後はサヨリちゃんの頭の上にアイボンを乗せた一枚で締めくくり(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク