猫と猛暑とアルミの猫鍋とキャリーバック

「入んないね、猫鍋。せっかくサヨリちゃんが喜ぶと思って買ったのに、お父さんは残念です。あまりの無念さに、家に持って帰って良い感じの場所に置いてはみましたけれど、キミが猫鍋に入ったという目撃例は、未だ報告されずじまいです。」

「せっかくAmazonの段ボールの上に置いているのにねぇ~。」

「いやいや、他人事では無いから。この一件はキミの事だから。中に入って座るくらいの優しさは欲しいから。」

「このアイテムは、ボクのライフスタイルには合わなかったようです。ボクには金属は向かないのかも知れませんね。」

「そうなの…まぁ、良いですけれど、サヨリちゃん。風の噂でお昼の時間帯、キャリーバックの中で寝ているって小耳に挟んだのですけれど、それって本当なの?。」

スポンサーリンク

キャリーバックで過ごす うちの猫

「イエス!。」

「なんかミヤネ屋さんと揉めてたクリニックの先生みたいだね。でも、どうしてキャリーバックの中で寝ているの?。廊下とか、板の間とか、もっと涼しくてひんやりした場所があるでしょうに。

去年の夏は、廊下の板の間で黄昏れていたじゃない?。それがキャリーバックの中って、暑くは無いの?。」

「別に暑くは無いですよ。ボクはこの中に入ることで、お父さんに抗議しているのですよ。何処にも連れて行ってくれない、お父さんへの無言の抗議なのですよ。どうして、いつもボクを独りにして出て行くのでしょうか?。」

「そ・れ・は、暑いからに決っているでしょう。キミを連れて行きたいのだけれど、事務局は暑いよぉ~。そんなところでお留守番は頼めないよ。だから、涙をこらえて自宅待機をしてもらっているのです。分かんないかなぁ~。」

「室温状況から推測すると、温度的には大差無いです。従って条件は同じだとも言えます。昨夜は小さいお兄ちゃんが事務局で過ごしたそうですが、この件について言い訳などはありませんか?。」

「室温的には同じくらいだけれども、お家なら誰かいるから窓を開けたり閉めたりしてくれるでしょ。キミを独りぼっちしてはおけないよ。お盆が過ぎて涼しくなるまで待って下さい。そうしたら、色んなところへご招待しますから。それと、お兄ちゃんの件は、話が違うと思うぞ。」

「だったら、ボクはバッグの中でお父さんを待ちますよ。ええ、バックの中からお父さんを待ちますとも。もう、かれこれ30日ほど待っていますから。」

「『貞子は30年もの間、井戸の中で行きていた!!!。キャーーー!!!。』みたいな言い方はよしてくれないか?、サヨリちゃん。それ、怖いし重いわ。」

「いやいや待ちますよ。呪いのキャリーバッグの中でお盆が過ぎるのを待っていますよ。にゃ、にゃ、にゃ。」

「ほんとにそんな所で待っているのかね。まだ、お父さんは信じられないのだけれど。そう言えば、最近は夜もキャリーバッグの中で過ごしているよね。」

「ええ、お父さんが動いてくれまで、お父さんが、どこかへ連れて行ってくれるまで、そうするつもりですよ。あっ、電話鳴ってますよ、『クルぅ~きっとクルぅ~。』」

「怖ぇ~よ、電話なんて鳴ってねぇ~よ。でもね、お盆までの間、お父さんはスケジュールが、かなり、ガッツリ、隙間なく、ビッシリ、むっちり入っていますから。呪いのバッグの中で待っていても同じですよ。奇跡すら付け入る隙間もありません。やるだけ無駄なので、お昼は廊下でビヨーーーンと伸びていなさい。」

「いや、それもやっていますから、ご心配無く。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク