わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)が今回挑戦するのは都こんぶ。それがもうね、超高難易度でもはや無理ゲー。都こんぶの箱は小さくて軽いので楽できるはず。簡単に乗っけてシャッターを切ればオッケー♪ってノリで終わってしまうでしょう。それが大きな間違い。サヨリちゃんの頭の上に乗せるには軽すぎて自立すら出来ないわけです(^_^;)。

都こんぶはサヨリちゃんが寝てから

サヨリちゃんが起きている間にチャレンしたものの、少し動いただけでポトンと落ちてしまう都こんぶ。箱の底におもりでも仕込めば安定性は増すのだろうが、これまで全て空箱でやって来たのだから今更方針を変えるのも如何なものかと。座っているところの一枚が欲しかったが、早々に諦めてサヨリちゃんが眠るのを待つことに。諦めの悪い性格がウリだったはずなのに、この数年間で諦めが良くなってしまった。諦めが悪いという表現は宜しくないので、ここは、見切りが早いという事にしておこう(笑)。

今まで全く気にもしていなかったが、都こんぶの安定性は非常に悪い。銀魂に出て来る酢昆布のように、大量に転がっているのが正しい姿なのかも知れない。サヨリちゃんは眠っているので、土台は超ド安定状態だった。しかし、都こんぶを自立させるには、私の技量はあまりにも低すぎた。こんなんじゃ、ドミノ並べのボランティアなんて一生参加出来ないな(笑)。

都こんぶの箱を真っ直ぐ立てるのが理想形だったが、そこは一万歩譲って多少の斜めには目をつぶると都こんぶも簡単に自立してくれた。箱が小さいぶん、これまでの箱に比べると楽に撮影できた。

ちなみに今日のマフラーはお父さん2号です(笑)。

サヨリちゃんは全く動かないので、カメラの位置を変えて撮影。

丁度いい塩梅に方向転換してくれたのでついでに一枚。都こんぶの乗せ方のコツも会得したので楽に立てられるようになった気がする。ネットで人気のせ猫ちゃんたちみたいに前足に乗せられると良いのだが、サヨリちゃんの冬の基本姿勢は香箱座り。完全防御の体勢は春以降に崩れると思われる。従って、前足に乗せるのはセミが鳴く頃になるだろう。その頃は、アイスクリームのカップを乗せますかね(笑)。

サヨリちゃんが頭に何かを乗せてるニャンコ写真の一覧はこちらから(笑)。



<スポンサーリンク>