わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)の赤い首輪もくたびれて、外に出掛けるには可哀想な感じになっています。なので、ホームセンターへ寄ったついでにサヨリちゃんの首輪を買って来ました。首輪を選ぶたびに思いますが、コレって首輪には出会えませんね(笑)。

散歩の事情で猫用は断念、サヨちゃんの首輪は小型犬用?!

じゃ~ん!

サヨリちゃんのおにゅうの首輪はお犬さま用。

みなさんもご承知のとおり、サヨちゃんはお散歩などで外出の多いニャンコ。首輪が取れてしまうと脱走されてしまう危険性大!。最悪の事態に備えて常備しているちゅーるでさえも万能ではありません。

したがって、猫の首輪に取り付けられている安全装置では調子が悪いのです。今や安全装置が付いていない猫用の首輪など店頭に並ぶわけも無く、犬用の首輪を選択せざるを得ないのも必然。

よって、今回の首輪には鈴もありません。鈴が無いのでなんか寂しい感じ・・・。

首輪を試着しました。

試着しました。

見えない。

首輪、見えないやん?。

首輪が見えるようになるまで、サヨリちゃんの首に馴染むまで、少し時間が掛かりそうです(^_^;)。

鈴はどうするの問題

世の中には猫の鈴問題というものがあります。

「人間よりも聴覚の優れた猫の首に鈴をつけるのは如何なものか?。」

という観点から浮上している問題です。猫の立場に立つと、

「なるほど。」

とうなずける問題です。

で、私は猫に鈴が無いと困る側の人間。というのも、猫は音を立てずに移動する生き物。鈴の音が無いとサヨリちゃんの居場所を認識出来ません。さらに、万が一脱走した場合には深刻な問題となります。

過去のサヨリちゃんの脱走劇では、鈴の音がターゲット発見に大きく貢献して来ました。ですから、サヨちゃんには鈴は必要なのです。

この問題を解決するために、

これとか、

これとか、

これとか。

手造り作家さん(仮)さんのアイテムを使用する事にしました。

「だったら、それを使えば良いじゃないの?。」

そう思われる方も多いでしょうが、これらの首輪も安全装置的な構造になっていて、リードを付ける事には危険を伴います。

という事でしばらくの間、サヨちゃんは首輪ダブルでお散歩に出かける事になりました(笑)。


<スポンサーリンク>