うつ病緩和?猫のゴロゴロ音とイルカの鳴き声との関係

2016年6月5日(日)放送、サイエンスZERO「ニャンとびっくり! 科学で探る ネコとヒトとの優しい関係」。東京農業大学 太田光明 教授のお話によると猫のゴロゴロとイルカの鳴き声は非常に似ているのだそうです。

スポンサーリンク

イルカの鳴き声のうつ病を緩和する効果と猫のゴロゴロ音

猫の為の冷却マット

太田教授のお話では、猫のゴロゴロ音は人の健康に影響すると考えていらっしゃるそうです。

太田教授は、元々、7年間、イルカの研究をしていらしたそうです。イギリスの研究者がイルカの効果についての論文を出しています。イルカに触れるとうつ病の患者さんの病状が緩和されるのは、イルカの鳴き声(クリックス)が何らかの影響を及ぼしているのだと太田教授は推測しているそうです。

そのイルカの鳴き声が猫のゴロゴロ音に非常に似ているのだとか。実際にイルカの鳴き声と猫のゴロゴロ音を耳で聴くと違った音のように感じます。ですが、両方の波形を比べると音のリズムが酷似しています。

それにより、猫のゴロゴロ音にもイルカと同じような効用への可能性があるのではないかと考えているそうです。

どんなにイライラしていても、猫がゴロゴロとすり寄って来ただけで笑みが零れるのも、目に見えない癒しの効果なのかも知れませんね(笑)。

スポンサーリンク