インスタばえするかな?猫のハンバーガーとか並べてみた

ブログそっちのけで作って来た粘土細工。

まだまだ満足してはいないものの、このまま粘土ばかりを続けていてもキリがない。こういうものにゴールは無いのだから。そもそもブログネタとして始めたのだから、ブログを休んでちゃ本末転倒。ネタ用の作品ストックも確保できたのでブログの方へ戻ろうと思う。心配していた方もいらっしゃったようですが、僕もサヨリちゃんも元気です。ご心配おかけしました。

お花見なんぞも楽しんでおります。

スポンサーリンク

「こんなのは要らないから」、「これっていくら?」へ

暖かくなったのでサヨリ専用コタツも処分。行き場が無くなったのだろうか、自分のベッドか僕の膝の上が指定席になっている。

むしろ、写真のような状態が日常化しているのでカメラや粘土道具など、全ての道具に手が届くようにとAmazonでキャスターまで購入したほどの甘えっぷりだ。そんな状態で作って来たのが猫のハンバーガー。

出来たものを取り敢えず誰かに見てもらっているが、最初のハンバーガーの出来は正直自分でも如何なものかという出来だった。今のハンバーグが出来るまでに3日ほど掛かった。そうすると、

「トマトがあったら・・・。」

みたいな話が飛び出し、トマト作りに着手。それも3日ほど試行錯誤を繰り返した。ハンバーグもトマトもまぁまぁ出来たのだけれど、ハンバーガーに付きもののレタスには苦労した。何度やってもキャベツになってしまった。ほとほと自分の粘土センスの無さに愛想も小想も尽き果てていた日が続いた・・・。

そんな苦労話は置いといて、出来上がったサヨリバーガーの評価は上々。第一声は、

「これ、いくら?。」

これはデカイ!。Twitterのフォロワーさんからも問われたが、リアルに尋ねられた時は嬉しかった。60代の男性が言うのだから嘘は無いだろう。その場で注文が入ってしまった。販売目的で作ったわけでは無いのだけれど、既に注文が入ってしまった状態。

ちなみに値段は決まっていない。こんなのって、幾らするものなのだろう・・・。最低でも100円は欲しいのだけれど、値段は追々決めようと思う。

「100円以上、上限なしで如何だろうか?。」

と言いつつ、最終的にカフェのランチが報酬になりそうだ。それならサヨリバーガーを買った方が遥かに安いのだけれど、まっ、いっか。カフェランチをおごってもらったら食レポにしようと思う。

あわよくば、お寿司とかになるかも知れないから期待は大きい。と書いておけばお寿司になるかも知れないの書いておく。僕は回らないお寿司が食べたいです。

だがしかし、お金やお寿司が動くのならば下手なものを渡すわけにはいかない。それは絶対にしてはいけない事だと思う。仁義に反するからだ。なので現在、複数人の財布やバックにぶら下がって耐久テスト中だ。とにかく日常的に使う事を条件に10個ほどが耐久テストに入った。

当然だが、自分でも耐久テストを行っている。ズボンのポケットの中という過酷な場所だが、今のところは問題なくキーホルダーの役目を果たしてくれている。他の子たちも頑張って欲しい。ついでも宣伝もして来ておくれ。

そんなサヨリベーカリーシリーズ。単品だけを見るとそうでもないのだけれど、団体で見るとそれなりにそれなりだ。

サヨリベーカリーというテーマで作り始めた今回のシリーズ。コロッケ&かつ系もクリア出来たので、これから作るテーマは菓子パン系になるのだろう。とっかかりとして猫型パンケーキとマカロンを作ってみた。一応、女子大生モニターには

「欲しい。」

と言われたので脈ありかと思った。パンケーキとマカロンはもうひと工夫してみようと思う。

ちなみに、サヨリバーガーの最終形はこの顔になる予定。実物が見たい方は、キジとら事務所へお越し下さい。ご予約に関しましては、只今1ヶ月待ちとなっております・・・たぶん。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク