猫のフランケンシュタインとゾンビのイラスト

「フランケンシュタインのイラストなのはわかりますけど、お父さん。バケツの他に何か方法は無かったのでしょうか?。」

「簡単に言うけど、サヨリちゃん。猫をフランケンシュタインにするのは思いの外、難しくってね、丁度、奇譚クラブのガチャガチャ写真の撮影中に、パッと閃いたのがバケツだったんだよ。バケツなら、何にでも転用出来るから便利だとも思って。バケツにしました。困った時のバケツです。」

「そんなのに頼ってしまうと、画力が上がらないと思うのですが、そんなので良いのですか?、お父さん。」

「何だか分からないよりは、遥かに良いとおもうよ。」

「でもね。」

「でもね?。」

スポンサーリンク

猫のフランケンシュタインは、色を塗らないと分からない

「フランケンシュタインの色を外すと、フランケンシュタインに見えませんよね、お父さん。」

「そうなんだよね、サヨリちゃん。フランケンシュタインに見えないよね〜。」

「フランケンシュタインに見えないよね〜、じゃねぇーよ。これじゃ〜不完全ですよ。」

「そんな事より、サヨリちゃん。お父さんはゾンビも描きました。今回は、二本立てだよ。」

「二本立てって、昭和の映画館みたいですね。でも、メインとおまけの組み合わせが多かったみたいですよね。大丈夫ですか?、お父さん。」

「そうだったねー。みたい映画とおまけ映画だったから、先におまけ映画を見ていたよ。でもね、高校生くらいになってからは、メイン、おまけ、メインで見るようになったよ。デート以外ではだけれど。」

「一瞬、青春の甘酸っぱい香りをほのめかせてはいますけれども、お父さん。デートでどんな映画を観に行ったの?。やっぱり定番のラブロマンスでしょうね。」

「宇宙戦艦ヤマト 完結編!。」

「ダメダメですね、ダメダメ。もうダメ、全部ダメ。そんなセンスでは、ゾンビのイラストも危ないものです。じゃ、見せて下さい、ゾンビ猫。」

「青鬼かっ!。青いだけじゃ無いですか。線画になったらただの猫ですよ、お父さん。線画を見せて下さいよ。」

「そうだったねー。ただの猫だよね、サヨリちゃん。楽しそうな猫にしか見えないね。ホラー要素ゼロだよね。でもね、色を変えると幅が広がるよ。ゾンビって特徴が無いからなー。」

「そんなんじゃ、あんたの事なんて誰も認めちゃくれないよ!。フランケンもゾンビも線画だけで分からなきゃ、本当のイラストとは呼べないね。もっと、気合を入れなっ!。あんたそれでも江戸っ子かい?。ところであんた、コピーライトが入ってないじゃ無いか!。相変わらずの詰めの甘さだね〜。」

「その声は?。」

「サヨリ姐さん!。」

スポンサーリンク