猫だって犬だって人間だって夏に備えて毛が生え変わります。それは、わが家の猫様も同様。一般的なキジトラなので短毛種に属する猫です。しかし、抜け毛の量は凄い、凄い。日常的に猫の毛が部屋の中を浮遊してますもん。と言ったところで動物を飼った経験の無い人にはイメージ出来ませんよね。先日、おニューのクッションの上で殿さまポーズしてた我が愛猫。クッションの上から立ち去ると・・・。抜け毛の凄さが視覚的に分かります(^-^;。

猫の抜け毛具合が良く分かる写真

2016-07-09 事務所での猫の定位置

このデスクが私の作業机です。黒いクッションをAmazonで取り寄せてこの場所に置いています。ここが愛猫が長く座る場所。お互いに相手の存在が邪魔にならない適度な距離感。これが夏の我々の定位置です。黒いクッションの上に座る猫ちゃん。写真は見えませんが、実はとんでもない事になっています。いや・・・マジで(^-^;。

クッションが猫の毛まみれ

2016-07-09 クッションの上で座る猫

朝一番は綺麗なものです。だって、しっかりと掃除していますから(笑)。それが直ぐに変貌を遂げます。

2016-07-09 猫の毛まみれになったクッション

んがぁ~。あっという間に毛だらけです。

2016-07-09 クッションを毛みれにした猫

猫に取っては関係ありません。汚しっぱなしです。

2016-07-09 猫の毛の被害は椅子までも及ぶ

クッションや床などを一日ウロウロした挙句、私が立った隙に椅子まで占領されてしまいました。翌日の写真を一気に4枚並べます。

2016-07-10 猫の毛にまみれたクッション

2016-07-10 猫の毛にまみれたクッションのアップ写真

2016-07-10 猫の毛にまみれたクッションをノミ取りクシで掃除

2016-07-10 ノミ取りクシで掃除したクッション

翌日見るとアチャーな光景。クッションが恐ろしく汚いです。アップで見ると、猫の毛の凄さがお分かりになるでしょう。猫の毛を上手に取るコツは、クシを水に浸してからクッションの上をクシで撫でます。水が無くてもしっかりと取れますが、水分があると抜け毛のかかりが良いです。2~3回、クッションに霧吹きをかけてもよさげですね(笑)。

私の場合、猫の毛とノミのトラブルは全部ドギーマン ハニースマイル ノミ取りグシにお任せ。手間暇さえ惜しまなければノミ取りクシが安全かつ最強アイテムです。

猫の抜け毛対策に、日々のブラッシングは欠かせない

猫の毛は毎日抜けまくり。なので、日々のブラッシンクも欠かせません。

全てが効率的!わが家の猫のブラッシング法はコレ

私の場合は、夜の堤防でみっちりと一時間ブラッシングします。外の海辺は涼しいし、猫の毛が飛び散っても大丈夫。夕涼みを兼ねて愛猫と海デートです(笑)。


<スポンサーリンク>